ユ・アイン、愉快な姿&魅惑的な姿&慎重な姿 多彩な魅力を披露


俳優のユ・アインが世界の飢餓問題に力を貸すため乗り出した。

ユ・アインはファッションブランドのBALENCIAGAの「2021年春WFPコレクション」を着てファッションマガジンのカバーに乗り出し、WFP(国連世界食糧計画、World Food Programme)の「ゼロハンガー」メッセージを伝えた。

WFPは世界最大規模の人道主義機関で、コロナ・パンデミックによるハンガー・パンデミックの状況にもかかわらず戦争や飢餓で飢えている人々を助けることに尽力した功労が認められ、2020年ノーベル平和賞を受賞しBALENCIAGAは全世界に急激に広がっている世界飢餓問題に対する深刻性を喚起するため「2018年冬WFPコレクション」からゼロハンガーメッセージを伝えている。

今春、紹介されるBALENCIAGAのWFPコレクション販売収益金の一部はWFP団体に寄付される予定で今回のグラビアのユ・アインのモデル料は全額WFPに寄付される。

20日に公開されたグラビアで、ユ・アインは愉快な姿と魅惑的な姿、慎重な姿など多彩な姿を表現した。

インタビューでユ・アインは「多様な人物を演じながら変奏をうまくこなすのが俳優としての課題」と伝え過去18年間の演技活動、そして俳優としてまた人間ユ・アインとして抱えている悩みを率直に告白した。

ユ・アインのグラビアとインタビューは『Arena Homme+ 』2月号で見られる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=
  • 入力 2021-01-20 09:11:52