チョン・ドヨン&リュ・ジュンヨル、新ドラマ「人間失格」で共演


チョン・ドヨンとリュ・ジュンヨルが濃い感性のドラマで復帰する。

2021年、下半期放送予定のJTBC新ドラマ『人間失格』がチョン・ドヨン、リュ・ジュンヨルのキャスティングを確定して本格的な撮影に突入する。クラスの異なる俳優たちと映画界の有名制作陣の出会いがどんなセンセーションを巻き起こすのか、ドラマファンたちの期待が熱い。

『人間失格』は人生の下り坂でふと「何者にもなれなかったこと」を悟る、光に向かって最善を尽くして歩いてきた平凡な人々の話を描く。

何者にもなれず道を失った女性ブジョン(チョン・ドヨン)と、何者にもなれなさそうな自身が恐ろしい青年ガンジェ(リュ・ジュンヨル)、強烈な闇の前で向き合った2人の男女の胸の痛む癒しと共感の話が密度濃く描かれる。

『人間失格』はチョン・ドヨンとリュ・ジュンヨルの出会いだけで一気に最高の話題作へと浮上した。ここに名前を聞くだけでも信頼を高める制作陣の出会いが完成度を担保する。映画『世宗大王 星を追う者たち』『ラスト・プリンセス―大韓帝国最後の皇女―』『春の日は過ぎゆく』『8月のクリスマス』など数々の名作を誕生させた「韓国ロマンス映画の巨匠」ホ・ジノ監督が選択した最初のドラマという点もドラマファンをときめかせている部分。映画『ソウォン/願い』『私の愛、私の花嫁』『建築学概論』など笑いと涙、感動の境界を自由に行き来するキム・ジヘ作家が執筆を引き受けた。人間の内面を掘り下げる深い洞察力で濃い感性のドラマを完成すると期待されている。

大きな愛を受けた『グッド・ワイフ』以来、5年ぶりにドラマに復帰するチョン・ドヨンは作家になりたかったゴーストライター「ブジョン」役を引き受けた。最善を尽くして歩いてきたが、ある日ふと失敗した自分と向き合い、生きる理由を失った女性だ。人生の急な下り坂の上に立ったブジョンは暗黒の線を越えて、その中に歩いて入る。チョン・ドヨンは些細な痛みを抱えて生きていくブジョンの喪失と不安、空虚と孤独を行き来する振幅の大きな感情の変化を濃厚な演技で描き出す。

様々なジャンルを行き来して限界のない演技を見せてくれるリュ・ジュンヨルの変身も注目に値する。リュ・ジュンヨルは役割代行サービスの運営者「ガンジェ」役を熱演する。ガンジェは貧困の遺伝子を振り切って、より高い所に上がるためにリスクを甘受する男性だ。裕福な生活を夢見て近道を探してさまよったものの、何も成し遂げずに急な上り坂の前で方向を失った。そこで危うい女性のブジョン(チョン・ドヨン)に会って感情の激変を経る。

初めて台本を読んだ瞬間からチョン・ドヨンとリュ・ジュンヨルが思い浮かんだというホ・ジノ監督は「刺激的な装置なしに視聴者の共感を誘わなくてはいけないロマンスは難しいジャンルだ。真正性で勝負する2人の俳優の演技で表現したい」とし、「初めてのドラマで2人の俳優と一緒に仕事をできるだけでも感謝してときめく。寂しいブジョンとガンジェの話を温かい視線で描きたい」と愛情のこもった感想を伝えた。

一方、JTBCの新しいドラマ『人間失格』は2021年下半期に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-01-21 09:20:05