TOMORROW X TOGETHER、日本1stアルバムがオリコンデイリーアルバムランキングで1位


グループTOMORROW X TOGETHERが日本1stアルバムの発売と同時にオリコンデイリーアルバムランキング1位を記録し、グローバルアイドルとしての地位を立証した。

20日に日本のオリコンが発表した最新ランキングによると、20日に発売されたTOMORROW X TOGETHERの日本1stフルアルバム『STILL DREAMING』は6万1074枚を売り上げオリコンデイリーアルバムランキング1位となった。

日本1stアルバム『STILL DREAMING』は「ずっと夢を見ている」というメッセージを込めたアルバムで、日本のオリジナル新曲「Force」をはじめ、TOMORROW X TOGETHERの最新ミニアルバム『minisode1:Blue Hour』のタイトル曲「5時53分の空で見つけた君と僕」と昨年1月に発売した日本デビューシングル「MAGIC HOUR」、収録曲「CROWN」、「Run Away」、「Angel Or Devil」の日本語バージョンまで計10曲で構成された。

10日に先行公開された「Force」は日本のテレビアニメ『ワールドトリガー』シーズン2のテーマ曲に選ばれ旋風を巻き起こしている。LINE MUSICソングTOP100デイリーランキングで発売当日から16日まで7日間連続1位をキープし、13~19日集計基準のソングTOP100ウィークリーランキングでもトップを獲得した。これでTOMORROW X TOGETHERは韓国を超えて日本でも強いパワーを立証した。

一方、TOMORROW X TOGETHERは3ndミニアルバム『minisode1:Blue Hour』で発売1週目に30万枚を売り上げ、「第4世代アイドル代表走者」に浮上した。このアルバムは米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」を25位にランクインし2週連続チャートインするなど世界的に注目すべき成果を収めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-01-21 16:16:29