「悪霊狩猟団: カウンターズ」最終回 視聴率11%で有終の美 シーズン2に期待


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 写真:OCN

OCNの土日ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」が最後まで痛快な悪霊退治を行って24日(日)に最終回を迎えた。この日の最終回はケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォーム視聴率で平均11%、最高11.9%と、自己最高視聴率を更新、歴代OCNドラマの最高値を記録した。OCNのターゲット層である男女25歳から49歳の視聴率でも平均8.7%に最高9.3%を記録、自己最高視聴率更新と共にOCN視聴率の歴史を新たに更新して有終の美をおさめた。 (有料プラットフォーム全国基準/ニールセンコリア提供)

この日、カウンターズは絶対悪シン・ミョンフィ(チェ・グァンイル)を倒すための最終決戦を成功させて爽快な一撃を与えた。

特にカウンターズの堅い友情がソ・ムン(チョ・ビョンギュ)をさらに強くさせ、 「僕は信じる。おじさんを、姉さんを、僕らを、僕は信じる」という信念が家族のような仲間を守ろうとするソ・ムンの能力を再びレベルアップさせた。完璧な悪霊退治と共にソ・ムンは夢にも描いてきた母(ソン・ヨウン)と父(チョン・ソクホ)と再会してカウンターズは元メンバーのチョルジュン(ソン・ジル)と再会して視聴者を涙させた。以後、カウンターズは1カ月間にわたって全国を巡察し、最後までうどんも売って悪霊も捕まえる驚異的な活躍を続けた。

「悪霊狩猟団: カウンターズ」はうどんも売って悪霊も捕まえる「現代版死神」という独特の素材と毎回、どんでん返しを繰り返す刺激的な展開で韓国型ヒーロードラマを望んできた視聴者たちを完全に魅了した。2.7%でスタートした「悪霊狩猟団: カウンターズ」の視聴率は6話にして既存のOCN最高視聴率『ボイス2』の7.1%を超える7.7%を達成し、OCNドラマ歴代視聴率1位を記録した。視聴者の熱い好評に支えられて「悪霊狩猟団: カウンターズ」は12話にして視聴率10.6%を記録、OCN開局以来初二桁台視聴率突破はもちろん、自己最高視聴率まで更新し、視聴率の新しい歴史を作った。

「悪霊狩猟団: カウンターズ」に欠かせなかったのはタイトルロールでもあるソ・ムンの成長だ。不良に目をつけられた高校生が空前絶後のカウンターに成長するまで、視聴者はまるでソ・ムンの保護者になったかのようにソ・ムンの成長に笑顔し、危機には手に汗を握りながら成長する過程に惜しみない応援を送った。特にカウンターズが徐々に積み重ねた特別な連帯と危機の前でより高まる相乗効果は、ソ・ムンの驚異的な成長に起爆剤の役割を果たした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真:OCN
  • 入力 2021-01-25 08:13:59