神話チョンジン、21年ぶりに聞く実の母親の第一声に号泣


グループ神話のチョンジンが実母に会う。

SBSバラエティ番組『同床異夢シーズン2-君は僕の運命』(以下、『同床異夢2』)ではチョンジンが21年ぶりに実母に会う姿が描かれる。

これに先立ってチョンジンは3番目の母親の努力で21年前に実の母親を探したことがあると明らかにした。当時、実母の幼い息子が混乱することを心配し自ら実母との連絡を絶ったチョンジン。歳月が経っただけにチョンジンは再び実母を探したいという思いを『同床異夢2』を通じて伝えている。

その後、放送を見た実の母親から連絡がありチョンジンは21年ぶりに実の母親と通話できるようになったというが…。21年ぶりに聞く実の母親の第一声にチョンジンはこらえてきた涙を流し妻のリュ・イソもまたチョンジンが実の母親にどれだけ会いたがっていたか分かるように涙を流した。

続いてチョンジンは3番目の母親に実の母親を見つけたというニュースを伝えた。

3番目の母親は、この知らせを聞くやいなや予想外の反応を見せ、チョンジンと妻のリュ・イソを当惑させた。果たしてチョンジンの3番目の母親はどのような反応を見せたのか、気になるところだ。

いよいよ21年ぶりに実母と再会したチョンジン。実の母は息子のチョンジンに、42年間できなかった胸の内の話を伝えた。チョンジンは生まれて初めて聞く実母の本心に「お母さんが僕より数百倍も大変だったのでは…」と泣きそうになったという。

チョンジンと実母の涙の再会は25日の午後10時に放送される『同床異夢2』で確認できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=SBS
  • 入力 2021-01-25 14:24:55