BTS練習生だったIRONが死去、暴行・麻薬で相次ぐ物議「他殺可能性低く」


  • 写真:Polarisエンターテイメント

ラッパーのIRON(本名チョン・ホンチョル、29)が死亡した中で、警察が死亡経緯について調査中だ。

韓国の警察によると、IRONは25日午前10時25分頃、ソウル市中区にあるマンションの花壇で血を流して倒れているところを警備員に発見され、病院に運ばれたが死亡判定を受けた。

警察は周辺人物を相手に正確な死亡経緯を調査している。警察は「現在までに他殺が疑われる点はまだ見つかっていない」と伝えた。

警察によると今後、遺族などと相談して解剖を行うか決定する計画だ。遺書は見つかっていないと伝えられた。

IRONは防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテイメントにて練習生としてRMなどと一緒にデビューを準備していたが、音楽的な方向性が合わないという理由で事務所から離脱。その後、IRONは2014年にMnetのヒップホップサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY 3』で準優勝して名前を知らせた。「blu」、「ROCK BOTTOM」などの曲で人気を得た。

華やかなスポットライトを浴びていたIRONだったが、音楽以外の物議により名前をさらに知らせることになった。IRONは2017年、恋人Aさんとの性行為中、自分の要求を聞き入れないという理由で怒って拳で顔を殴った疑い(傷害など)で起訴され、懲役8カ月に執行猶予2年、社会奉仕80時間の刑を受けた。

大麻吸引容疑(麻薬類管理に関する法律違反)でも起訴され、2016年に懲役8カ月に執行猶予2年の判決を受けた。

昨年12月には、野球のバットで未成年者を暴行した疑いで警察の捜査を受けた。警察によるとIRONはソウル市龍山区の自宅でルームメイトAさん(18)にうつ伏にさせた後、野球のバットで数十回殴った疑い(特殊上海)で現場で現行犯逮捕された。

IRONはしつけのための体罰だったと主張したが、事件は起訴意見で送検された。しかし、IRONが死亡したことにより公訴権なしで終結する見通しだ。
  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-01-26 06:01:01