「二日酔い運転」女優パク・シヨン、起訴意見で送検


二日酔いの状態で運転したパク・シヨンが書類送検された。

ソウル松坡警察署はパク・シヨンを道路交通法上飲酒運転・交通事故処理特例法違反などの疑いで検察に送致したと26日、明らかにした。

警察によるとパク・シヨンは休日だった17日の午前11時30分頃、ソウル市松坡区蚕室3の三叉路で左折信号待ちの乗用車に自分の車で追突した疑いを受けている。当時のパク・シヨンの血中アルコール濃度は0.097%と、免許取り消しレベルだった。

パク・シヨンは、一人で車に乗っており被害車両には運転者など二人が乗っていた。いずれも大きな負傷はなかったことが分かった。

飲酒運転が一歩遅れて知られた後、パク・シヨンの所属事務所MYSTICストーリーは「パク・シヨンは16日の夜、自宅で知人と酒を飲んだ次の日、二日酔いが解けたと判断して自家用車を利用して外出したが軽微な接触事故を起こした」と謝罪した。

パク・シヨンも自分のインスタグラムに「物議をかもして心から謝罪する。理由の如何を問わず、してはいけないことだった」とし「後悔して深く反省している」と謝罪した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-01-26 17:45:23