スケート選手からデザイナーに 元韓国代表パク・スンヒが結婚


氷上のスターからバッグのデザイナーへと変身したパク・スンヒ(29)が4月の花嫁になる。相手はファッションブランドの代表で、5歳年上だ。

Awesome Project Companyは27日「パク・スンヒが4月17日、63コンベンションセンターで結婚式を挙げる」と明らかにした。

また「2人は1年6カ月前、集まりで知り合い交際を始めた。新郎はバッグのブランドを運営している」と伝えた。

パク・スンヒは「いつも一途な人だ。自分の事業分野にも自信を持っており、能力がある尊敬できる人」とし「繊細で思いやりが深く、良い夫であり生涯のパートナーとして頼ることができそうで結婚を決心することになった」と明らかにした。

パク・スンヒは冬季オリンピックの舞台で大活躍したショートトラックのスターで、2014年のソチオリンピックで女子1000メートルと3000メートルリレーで金メダルの2冠を獲得した。

ショートトラック代表として2010年と2014年にオリンピックに出場したパク・スンヒは、2010年のバンクーバー大会で1000メールと1500メートルで銅メダル、2014年のソチ大会の500メートル銅メダルまで、韓国女子選手としては初めて冬季オリンピックショートトラック全種目のメダル獲得に成功した。

特に2018年に平昌オリンピックの1000メートルに出場し、韓国選手としては初めてショートトラックとスピードスケートの両種目に出場する記録も残した。

平昌オリンピックの後、現役を引退したパク・スンヒはファッション学校の教育課程を経て、バッグデザイナーに変身した。

パク・スンヒは「個人事業に加え、体育人として放送、講演など様々な分野で活動して結婚後も良い姿をお見せしたい」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-01-27 16:56:39