チョ・ジョンソク「第30回ソウルミュージックアワード」でOST賞 5冠達成


俳優チョ・ジョンソクが「第30回ソウルミュージックアワード」でOST賞を受賞し、5冠を達成した。

チョ・ジョンソクは31日に開催された「第30回ソウルミュージックアワード」(主催スポーツソウル、主管ソウルミュージックアワード組織委員会)でOST賞を受賞した。昨年のtvNドラマ『賢い医師生活』でOST「Aloha」を歌唱したチョ・ジョンソクは、俳優として異例のOST賞5冠を達成し、2020年に受けた大きな愛を実感させた。

伝統と権威を誇る「ソウルミュージックアワード」は1990年に始まり、四半世紀を超えるあいだ今日のK-POP文化の発展の足がかりとなる役割を果たしてきた韓国最高のミュージックフェスティバルだ。

今年もソウルミュージックアワードを介して一年間、ファンたちの愛をたっぷり受けたミュージシャンが一堂に会して最高の栄誉である大賞をはじめ、本賞、新人賞とジャンル別特別賞など部門別受賞をめぐって熱い競合を繰り広げた。

チョ・ジョンソクは「2020年ブランド大賞」今年のOST賞をはじめとし、「第12回 Melon Music Awards」ジャンル賞OST部門、「第35回ゴールデンディスクアワード」ベストOST賞、「2020 GENIE MUSIC AWARDS」OST賞を受賞して熱い人気を実感させ、昨日開催された「第30回ソウルミュージックアワード」のOST賞まで受賞して栄誉ある5冠を達成した。コロナ禍にチョ・ジョンソクがドラマで胸の温まる人間愛でヒーリングを伝え、OST「Aloha」を介して肯定的なエネルギーと幸福感を伝えたからだ。

OST賞を受賞したチョ・ジョンソクは「ソウルミュージックアワードが30周年を迎える輝かしい瞬間を共にできてうれしかったが、このように良い賞をいただき感無量だ。この賞を受賞できるようにたくさん聞いて共感して愛してくださった多くの方々に心からの感謝の言葉を伝えたい。昨年、俳優として作品で、そして音楽で皆さんにお目にかかれた一年だったが、このように良い賞を受賞でき私には本当に意味深く感謝する年として記憶されそうだ。心から感謝し、今後もより良い姿をお見せすることができる、そして幸せを伝えることができる俳優になれるようより熱心に努力する」と感想を明らかにした。

一方、チョ・ジョンソクはtvN『賢い医師生活』シーズン2と映画『幸せの国』(仮題)の出演を確定し、活躍を続けていく。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-02-01 09:08:57