ユン・ジョンフン、友人と7年前から同居「女性なら付き合っていたかも」


  • 写真:SBS放送画面キャプチャ

俳優ユン・ジョンフンが同居中の友人に対する特別な愛情を吐露した。

2月7日に韓国で放送されたSBS『みにくいうちの子』には俳優ユン・ジョンフンがスペシャルMCとして出演した。

この日、ユン・ジョンフンは「軍隊に行って来てから完全に独立した。31歳の時から友人と一緒に暮らしている」と明らかにした。これにMCシン・ドンヨプは「男性の友人か」と尋ね、ユン・ジョンフンは「当然だ」と笑顔を見せた。

またユン・ジョンフンは「家事は特に分担せずに見える人が先に行っている。お互いに補償心理がないためこれまで7、8年間、喧嘩をしたことがない。友人は俳優ではなく一般人だ」とし、「私が忙しければ友人が家事をして、友人が出張に行って忙しければ私がやる」と説明した。

これと共にユン・ジョンフンは「家事が本当に好きだ。掃除、洗濯、皿洗い、料理、すべて上手だ。しばらく前に父の友人に早く結婚したほうがいいと言われた」とし「ただ家事には男性、女性の区別があるものではない。もし私が結婚して妻の方が対外生活を楽しむ方であれば私は専業主婦でも大丈夫だ」と話した。

続いてユン・ジョンフンは「私の理想のタイプは自分の価値観がはっきりとしていて進取的で、自分の仕事がある女性の方」とし、「今一緒に暮らしている友人がもし女性なら付き合ったかもしれない」と話してスタジオを驚かせた。
  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-02-08 10:31:00