トップ > エンタメ > TV・映画 > ソル・ギョング&ピョン・ヨハン主演映画「玆山魚譜」、3月31日に韓国で公開決定

ソル・ギョング&ピョン・ヨハン主演映画「玆山魚譜」、3月31日に韓国で公開決定


  • ソル・ギョング&ピョン・ヨハン主演映画「玆山魚譜」、3月31日に韓国で公開決定
イ・ジュンイク監督とソル・ギョング、ピョン・ヨハンの出会いで期待を集めている映画『玆山魚譜』が3月31日の公開が決定し2種のポスターを公開した。

映画『玆山魚譜』は黒山に流された後、本よりも海が気になった学者チョン・ヤクジョンと、海を抜け出して出世したい青年漁師のチャンデが『玆山魚譜』を執筆しながら友になっていく話を描いた作品である。

『玆山魚譜』は『王の運命―歴史を変えた八日間―』、『空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜』『金子文子と朴烈(パクヨル)』などの作品で歴史の中の人物に注目してきた時代劇の大家イ・ジュンイク監督の14本目の作品だ。『玆山魚譜』ではイ・ジュンイク監督が朝鮮時代の学者、チョン・ヤクジョンにスポットライトを当てている。

チョン・ヤクジョンが執筆した魚類学書『玆山魚譜』の序文に登場する唱歌と関係を心から伝えており、現代の観客に深い共感と感動を与えるものと期待される。

『玆山魚譜』でソル・ギョングは初の時代劇映画に挑戦する。彼は黒山島(フクサンド)に流された後、海の生物に目覚めた学者、チョン・ヤクジョンを演じ新しい魅力を披露する。ピョン·ヨハンは黒山島を離れるため文学の勉強をする青年漁師のチャンデ役を演じた。ピョン·ヨハンはチョン・ヤクジョンに会い価値観の変化を経験するチャンデの立体的な姿を繊細な感情演技で表現する予定だ。

公開されたポスターは気兼ねなく一緒に作業をするチョン・ヤクジョンとチャンデのダイナミックな姿と美しいモノクロミジャンセンで目を引く。

「好奇心旺盛な学者と漁師、互いの師匠になる」というキャッチコピーは身分と年齢が違う2人がお互いに持つ知識を共有しながら作っていく特別な関係を予告し好奇心をそそる。

本を持って明るく笑うチャンデと、彼のそばで微笑むチョン・ヤクジョンの姿から、これまで見られなかったソル・ギョングとピョン・ヨハンの新しい表情と魅力が現われるだけでなく、朝鮮時代の人物として溶け込んだ彼らの完璧な呼吸をうかがうことができ映画に対する期待が大きい。

このように忠武路(チュンムロ)を代表する演技派俳優の熱演とイ・ジュンイク監督特有の繊細な演出力を確認できる『玆山魚譜』は17日午後6時、CGVのFacebookで第2回予告編を初公開する予定だ。イ・ジュンイク監督の14本目の作品である『玆山魚譜』は3月31日に公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 / 写真=Megabox Plus M
  • 入力 2021-02-17 09:17:44