東方神起ユンホの「あの一言に救われた」いじめられていた同窓生がエピソード公開


  • 写真:スタートゥデイDB

最近、芸能界が過去の校内暴力暴露により騒がしい中で、グループ東方神起ユンホの学生時代の美談が大衆の心を和ませている。

17日、あるオンラインコミュニティには「ユンホの善行を知らせます(校内暴力関連)」というタイトルの文章が投稿された。

ユンホの同窓生だという投稿者は「最近、芸能人から運動選手まで、過去の校内暴力の被害事例が多く公開されている。私も忘れて生きたが中学時代の校内暴力の被害が思い出されて、この文章を書いている」と投稿した理由を明らかにした。

投稿者は「同じクラスの友達が私の腕にナイフで傷をつけたが、私はあまりにもマヌケでそれが校内暴力だとも気づかずにいたずらなのだと考えた。結局、担任の先生が発見してカウンセリングを受けてから、ようやくそれが校内暴力だということを悟った私は自分がとても馬鹿なようで大泣きして学校を退学することまで考えた」と回想した。

校内暴力で苦しんだ投稿者を助けてくれたのはユンホだった。投稿者は「同じクラスでもなかったので親しくなかった私には学校で文化祭のたびにダンス公演もして面白い憧れの対象のような友達だった。ある日、通りすがりに傷ついた私の腕を見て引き留めると「これはあいつがやったのか」と尋ね「僕がこらしめてあげようか」というニュアンスで私に一言声をかけてくれた」と明らかにした。

続いて「照れくさくもあり大丈夫だと断ったけど、その一言がとても大きな力となり、学校も退学せず無事に卒業して今では堂々と家庭を築いて幸せに生きている」とし「ユンホに当時言えなかった感謝の言葉を伝えたくてこの文章を書いている。本当に情熱的で正しい友達だったことを多くの人に知っているほしい」と付け加えた。

一方、ユンホは去る1月、2ndミニアルバム「NOIR」を発売した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-02-18 10:10:23