イ・ゲイン、前妻の息子を養子に「誰よりも立派に育てた」


2度の結婚に失敗した俳優イ・ゲインが波乱万丈な人生を打ち明けた。

17日にYouTubeに公開された「イ・ゲイン、二度の結婚に失敗!心で産んだ息子を育てた事情は?」という動画が公開された。

イ・ゲインはこの放送で自分の話をしながら「悪い人は鶏以下だ。鶏は死ぬときにも自分の子を守ろうとする。(養子縁組された家庭で虐待され死亡した)ジョンインのことだ。私は何日も泣いている」と涙した。

彼は「生きることもできず、あんなふうに死ぬ運命だなんて。人間はどれほど残酷なのか…」とし「そのことを考えるとご飯も喉を通らない。雪がとけてきれいになったら行きたい。花束を買って」とまた涙を流した。

イ・ゲインは唯一の味方だった母親を思い出しながら「生まれつきの運命が孤独な運命だと母がいつも心配した。母が亡くなるときに目を閉じることができないと話していた」とし「お前が老けてこそ親の心が少しは分かるだろうと言っていたが、その通りだった」と息子の心配ばかりをしていた母を思い出した。

特に2番目の妻と離婚した後に残された息子を養子として引き取ったことを明らかにしながら父性愛を見せた。

イ・ゲインは「男女が一度失敗すると、2度失敗するようになっていた。息子に「お前と私はお餅のようにくっついている運命のようだ」と話した」とし「養子というとあの子が泣く。一緒に生きて育てた。幼稚園のころ、この子を私が捨てたら「成長が可能だろうか」と考えてたくさん悩んだ。絶対に「お前のことは捨てない」と話しながら…今では大学を卒業して世間の誰にも劣らず立派に育てたと確信している。よく育ってくれた。ショートトラック選手だったので体格もよい。懸命に生きる姿を見ると息子がよく育ってくれたことが本当にありがたい」と話した。

彼が望みを尋ねると「孫」と答えながら「息子に孫が生まれて抱きしめることができたらと願っている」とした。

イ・ゲインは1992年に最初の妻と結婚したが間もなく離婚した。以後、1997年に10歳年下の2番目の妻と再婚して家庭を持ったが、また破局を迎えた。

イ・ゲインは多くの放送に出演して「最初の結婚は悪​​夢だったし詐欺だった」と告白し、「最も苦労した点は離婚の責任を完全に私が負わなくてはいけない部分だった。ドラマで憎い役や悪役を多く引きたからか、人々は私に問題があって離婚したと推定した。芸能人という事実がこの時ばかりはとても大変だった」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-02-18 09:55:23