Leessangキルが故オ・インヘさんを労働搾取? 事務所は全面否定


Leessangのキル(本名キル・ソンジュン)をめぐる衝撃的な主張が登場した。キルの事務所はこれをすべて否定して法的対応を示唆した。

去る17日、YouTubeチャンネル「TANK_KPOP」には「飲酒運転3回/女性嫌悪/マネージャー暴行/ワンナイト/脅迫/労働搾取/言語暴力/犯罪 [皆さんは今でもだまされています!]」というタイトルの映像が公開された。

歌手兼プロデューサーのTANK(アン・ジンウン)はこの映像を通じてそのプロデューサーがマネージャーを暴行して4人の恋人を同時に作り、1年間自分を含めて数人を契約書なしに奴隷のようにこき使いながら、いかなるお金も支給しなかったと主張した。

映像には直接暴露相手の名前は挙げられていなかったが、『無限に挑戦』と『SHOW ME THE MONEY 5』に言及してキルについての暴露であることを推測させた。

TANKは「その人と関連して自ら命を絶った人がすでに3人」とし「息子に恥ずかしくない父親になってはどうか」と明らかにした。

続いて彼は同時に付き合っていた4人の恋人の中に故オ・インヘさんがいたとして、オ・インヘさんに対して言葉の暴力を行使した姿を直接見たと主張した。キルの家の掃除をしてくれていたオ・インヘさんに向かって暴言を吐いたというもの。また、IUがカラオケでキルの曲を歌った映像を送ると、IUに対しても暴言を吐いたと主張した。

一緒に仕事をしていた当時、キルは『無限に挑戦』の練習室にTANKとプロデューサー3人を事実上とじこめておいて120万ウォンが入ったチェックカードを渡して4カ月間の食費に使えと労働搾取もしたと主張した。キルは曲が気に入らないと言葉の暴力と身体への暴行まではばからなかったという。

この映像は、現在では削除された状態だ。

キル側は主張について「事実無根」と全面否定した。続いて「TANKさんがアップロードした動画映像の内容はすべて事実ではなく、これに対する立場の発表と法的措置を準備中」とした。

これと共に「キルの元マネージャーと現在はオハイオ州に住んでいるマジック・マンション(キルの作曲チーム)のメイン作曲家に事実を確認した」と付け加えた。

キル、TANKと一緒に作業したマジック・マンションのチョ・ヨンミンプロデューサーは19日、インスタグラムに「アン・ジンウンのコメントを見て、この時間に罪のない多くの人々が巻き込まれて消せない傷を負うのではと気になってコメントを書いている」と長文のコメントを載せた。

彼は2016年に『SHOW ME THE MONEY 5』当時の状況を説明しながら女性デュオの曲を録音する過程でアン・ジンウンがミスをしてキルに怒られ作業室を出て行き、それが今回の事件の発端になったと推測した。「キルは食費をはじめ金銭的支援を惜しまなかった」とし「曲代を受けとらなかったこともなく、著作権を不当な比率で受けとったこともない。みんなに同じように分けられた」とも明らかにした。

また「第3者をこのことに引き込んでいるが、その人たちを傷つけそうで、故人の家族の方、知り合いの方や友人の方、ファンの方がアン・ジンウンの暴露文を見てまた傷つくのではと怖い」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-02-19 08:22:07