「ユンステイ」パク・ソジュン、最後の夜に残念な気持ちを表現


『ユンステイ』のパク・ソジュンとチェ・ウシクが残念な気持ちを表現した。

19日に放送されたtvN『ユンステイ』では最後の夜を過ごす『ユンステイ』のメンバーの姿が放送された。

この日、料理をしていたパク・ソジュンは「明日の朝には行くのか?」と残念がり、チェ・ウシクは「明日、泣かないようにしよう」と約束した。チョン・ユミも動揺し「泣かない」と約束した。

続いてチョン・ユミはおいしく夕食を準備しながら「私たち、夕食を本当によく食べると思う」と話し、パク・ソジュンは「どんなことも食べていくためにしている、よく食べないといけない」と答えて笑いを誘った。

完成した夕食をメンバーたちはおいしく食べた。チェ・ウシクは、ご飯をもう一杯食べて食欲旺盛な姿を見せた。

イ・ソジンは「ウシクが不眠症も治してよく食べるようだ」と変化した様子を語り、パク・ソジュンも「8年ぶりに僕も初めて見た姿だ」と伝えた。続いてチェ・ウシクは「8年前にシチュエーション・コメディで初めてパク・ソジュンと会った。初めて試みたがうまくいかなかった記憶がある」とし「『サムマイウェイ』、『パラサイト 半地下の家族』も一緒にし『ユンステイ』も出演したのを見ると僕たちは付き合いが長い」と過去を振り返った。

一方、tvN『ユンステイ』は深い歳月と自然が調和した韓屋で清潔な韓国料理を味わい多彩な楽しみを味わいながら古い家のロマンを感じる時間で、ゆったりとくつろげる韓屋体験リアリティー番組だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チョ・サンウン客員記者
  • 入力 2021-02-19 21:43:27