防弾少年団に卑猥な侮辱コメント ネットユーザーに罰金100万ウォン宣告


グループ防弾少年団(BTS)を相手に悪質なコメントを書き込んだネットユーザーに罰金100万ウォンが宣告された。

韓国の法曹界によると18日、ソウル東部地裁刑事4単独(パク・ジュンミン判事)は防弾少年団に対する侮辱的なコメントを作成したAさんに罰金100万ウォンを宣告した。

Aさんは2018年9月から携帯電話を利用して防弾少年団に対する誹謗中傷コメントを多数書き込んできたことが分かった。特に防弾少年団のUNスピーチなどの記事に彼らを売春婦だと誹謗中傷するコメントを複数回にわたり書き込み、所属事務所Big Hitエンターテインメントの告訴により法の裁きを受けることになった。

Aさんは裁判の過程でも自分のコメントが「UNスピーチという世界的な関心事に対して批判するために書いたもので、社会常規に反していない」と主張したとされているが、裁判部は「コメントの内容と文脈から見てUNへの批判には見えない」とAさんの主張を受け入れなかった。Aさんは判決に不服だとして即時に控訴した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-02-24 11:48:05