SHINeeミンホ「名門大学出身でイケメンの実兄に劣等感を感じていた」


グループSHINeeのミンホが人生のライバルとして実兄について話した。何よりミンホに劣らぬ実兄の完璧なビジュアルやスペックが話題となっている。

今月23日に放送された『クイズバラエティ〜屋根部屋の問題児たち』には、除隊後にニューアルバムでカムバックしたSHINeeのミンホがゲストとして出演した。

この日、ミンホは「情熱的な性格を持つようになったのは兄のせいだ。2歳違いの兄が僕よりもっとハンサムだ。S大学だから勉強もよくできるし運動も得意だ。一言で言って、オムチナ(出来のいい息子)」と話した。

続いて「子どもの頃は劣等感を感じていた。いつも兄の半分でいいから、ついて行けと母親から言われた。比較されることも多かった。いつかは勝つというライバル意識を持っていた」と打ち明けた。

それから「デビューしたら兄が 「ミンホのお兄さん」と呼ばれ始めた。兄はそれでストレスを受けたが自分は内心嬉しかった」と話し笑いを誘った。

これに先立ちミンホはSBSのバラエティ番組『みにくいうちの子』でも「兄は本当に人気があるスタイル」とし「男女共学に通っているが、特別な日になると兄はプレゼントを本当にたくさんもらった。僕が見ても自分よりかっこいい。うらやましくも腹が立つ」と本音を告白した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-02-24 11:10:56