T-ARAソヨン、事務所「殺害強迫をしたストーカーを住居侵入で現行犯逮捕」


ガールグループT-ARA出身のソヨン(本名=パク・ソヨン)がストーカーに殺害の脅迫を受け現在、警察で取調べを行っている。

25日、ソヨンの所属事務所の「考えを見せるエンターテインメント」側は、毎日経済スタートゥデイに「最近、ストーカーが侵入した。ストーカーは現場で警察に逮捕されソヨンは通報者の供述をした」と明らかにした。

続いて「昨年上半期ごろからストーキングが始まった。家まで訪ねてくるなどストーキングが続く中、ソヨンは大変苦しんでいる」と伝えた。

あるメディアの報道によると、このストーカーは女性の下着を家に置き去り、殺害脅迫までしてソヨンを恐怖に震わせた。ソウル江南(カンナム)警察署は現場で逮捕されたストーカーに対し住居侵入罪で捜査を行っている。

ソヨンは2011年にもストーカーに苦しんだ。当時、ソヨンは1年以上、自分のSNSにセクハラを投稿するストーカーに「妄想病患者さん、最初の警告です。今後通報するようにします。あなたは絶対にファンではない」と強硬対応している。

これに先立ち24日、T-ARA出身の女優ジヨンが殺害脅迫を受け警察に通報した。ジヨンの所属事務所は数回にわたり殺害脅迫を受けたとし「現在、すべての証拠を収集中でありジヨンの安全を最優先に考え警察に正式に捜査を要請した」と明らかにした。事件はソウル城東(ソンドン)警察署に受け付けられた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ
  • 入力 2021-02-25 14:27:14