イ・ヨンエ、国防委員への後援が物議に夫が防衛産業企業の代表なのに…


  • 写真:スタートゥデイDB

女優イ・ヨンエ(50)が韓国の国会国防委員会所属の与野党議員にそれぞれ500万ウォンずつ政治後援金を渡した事実が明らかになり、不適切な後援なのではないかと波紋を呼んでいる。

イ・ヨンエは中央選挙管理委員会が25日に公開した昨年「300万ウォン超過寄付者名簿」に名前が搭載された。これによるとイ・ヨンエは共に民主党キム・ビョンジュ議員、国民の力ハン・ギホ議員、シン・ウォンシク議員などを500万ウォンずつ後援した。これは政治資金法上の最高額で、後援された議員はすべて現在、国防委員会に属している。

イ・ヨンエの後援が問題になるのはイ・ヨンエの夫チョン・ホヨンさん(70)が中堅防衛産業企業のオーナーだという点だ。

チョン・ホヨンさんは長いあいだ軍納業に関与したことが知られており、利害関係者の後援だと判断される可能性がある。

特に国防委が政府の武器開発と購入決定を総括する防衛事業庁を所管・監査機関としているという点で誤解を招く可能性が大きいとの指摘も出ている。

しかしイ・ヨンエの後援を受けた議員たちは今回の件は夫チョン・ホヨンさんとは無関係だと疑惑を否定した。

一方、チョン・ホヨンさんは2000年に国会の国防委員長だった民主党チョン・ヨンテク元議員に軍納の利便を図る対価として5000万ウォンを供与した疑いで拘束捜査を受けたことがあるが対価性が認められず不起訴処分されたことがある。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-02-25 16:28:41