Stray Kidsヒョンジン、過去のいじめ認めて謝罪 JYPも追加でコメント


  • 写真:スタートゥデイDB

グループStray Kidsのヒョンジンが過去の校内暴力を認めて謝罪した。

ヒョンジンは26日、Stray Kidsの公式SNSに手書きの謝罪文を公開して「学生時代、私の誤った言動が原因で傷つかれた方に心から謝罪する。今よりさらに不足だった時代の私の行動を振り返ると恥ずかしく、弁解の余地がない」と謝罪した。

続いて「意図性の有無に関わらず、誰かに消すことのできない傷を負わせたことは絶対に許されないことだ。私が謝罪し、謝罪を受け入れてくれたからと過去に私に残した傷が完全に消えるわけではないことを知っているので深く反省している」とした。

ヒョンジンは「遅ればせながら私のせいで傷つかれた方に直接会って謝罪をし、またこの文を介して許しを請う言葉を伝えられるようしてくれたことに、恥ずかしながらも感謝すると伝えたい。また、直接会うことはできなかったものの、もし学生時代の私の不適切な言動が原因で傷つかれた他の方々にもこのように文面であっても申し訳ないと伝えたい」と重ねて謝罪した。

Stray Kidsの所属事務所のJYPエンターテイメントもこの日、追加のコメントを発表して「過去のヒョンジンの未熟で不適切な言動により傷ついて被害を受けた方々に直接会って心から謝罪した」とし「ヒョンジンとの誤解を解いて心から謝罪を受け入れてくださって未来を応援していただき、もう一度感謝している」と明らかにした。

先立って22日、あるオンラインコミュニティにはヒョンジンの中学校の同級生と主張するネットユーザーが彼からいじめを受けたという投稿を書き込んだ。

投稿したネットユーザーはヒョンジンから理由の分からない暴力と言葉の暴力にあったとし、「ヒョンジンのデビュー後、放送に出てくるたびに、その時の理由のない非難と嘲笑が再び聞こえてくるようだ。私がその記憶を結局消すことができなかったということを悟った」としながら「幼かったという理由で行われた暴力が正当化されない事を願って直接の謝罪を望む」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-02-26 11:52:57