元AOAのクォン・ミナ「中学時代に有名人から性的暴行受けた」主張


  • 写真:スタートゥデイDB

元AOAのクォン・ミナが中学生時代の苦しい記憶を告白し、元AOAのジミンについてまた言及した。

クォン・ミナは7日、インスタグラムのライブ配信で「釜山で暮らしていた学生時代、家計が苦しくて生活が大変だった。中学校に通っていた時に先輩たちからビール瓶で殴られ、男子の先輩から性的暴行を受けた。名前を挙げたら知っているような有名人」と衝撃の告白をした。

続いて「釜山で私に悪いことした先輩たちは私の友人の叔父さんが厳しく叱ってくれた。叔父さんがどのようにしてその事件を知ったのか分からないが、加害者と銭湯で会って叱ってくれたという。加害者も私に謝罪した」と明らかにした。

クォン・ミナは「ソウルで新しい人生を生きようと逃げるようにして来たけど、アルバイトをたくさんしたのでスケジュールのせいで肉体的に大変だったことは全くなかった。すべて精神病だった」とし「あのていどの子(ジミン)ひとりのせいで私のメンタルが揺れるとは本当に思わなかった。あの人の悪口のせいで、歌、ルックス、スタイルにまでトラウマが生まれた」とAOA出身ジミンについて言及した。

クォン・ミナは「最近、校内暴力が話題だが、加害者は校内暴力、不良グループと同じクラスだった」とし「緊急治療室には自殺未遂の患者が多くくる。ある日は私の状態があまりにも深刻で記憶が残っていないが、死を直前にしていた私が一言話したという。医者が警察が聞いたと話してくれた。私がまともな状態ではないのに「シン・ジミン」と叫んだそうだ。どれほど恨んでいたのか。本当に許すこともできないし、許すつもりもない。復讐心もない。ただまた私に関わろうとしてきたら、私もじっとしているつもりはない。加害者であれば自分の行動を認めるべきだ」と声を荒げた。

また「加害者が謝罪も認めもしなかった状態でここまで来たが、今は謝罪しても受け入れる気持ちはない」と強調した。

AOA出身のクォン・ミナは昨年7月、チーム活動時代にリーダーのジミンから持続的な嫌がらせを受けてきたと暴露、苦しみを吐露してきた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-03-08 09:51:34