ヨン・ウジンやIUなど出演映画「誰もいないところ」韓国で3月31日に公開


『ジョゼ』『ザ・テーブル』のキム・ジョングァン監督の新作『誰もいないところ』が来る31日の公開を確定した。

ヨン・ウジン、キム・サンホ、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、ユン・ヘリが出演するこの映画は早春、7年ぶりにソウルに帰ってきた小説家チャンソクの話だ。

10日に公開された『誰もいないところ』のメインポスターには暗い夜、街灯が照らす公衆電話のブースの中に立っているチャンソクの姿がおさめられている。

「道に迷った心たちが話になる」というフレーズは小説を書くチャンソクが時間を失った女性ミヨン、思い出を燃やす編集者ユジン、希望を求める写真家ソンハ、記憶を買うバーテンダーのジュウンと出会い別れながら聞く話を意味している。

『誰もいないところ』は第20回全州国際映画祭全州シネマプロジェクトを通じて初公開され、熱い期待を集めた。チャンソク役のヨン・ウジンを筆頭にキム・サンホ、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、ユン・ヘリまで、ラインナップも豪華だ。来る31日に韓国で公開予定。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-03-10 17:30:34