Netflix映画「楽園の夜」 チャ・スンウォンのスチールカット公開


  • 写真提供:Netflix

Netflix映画『楽園の夜』がチャ・スンウォンが演じたマ理事のキャラクタースチールを公開した。

組織の標的になった1人の男と人生の崖っぷちに立たされている1人の女の話を描いたNetflix映画『楽園の夜』がチャ・スンウォンが演じたマ理事のキャラクタースチールを公開し期待を高めた。

『楽園の夜』は、『新しき世界』『The Witch/魔女』などでノワールジャンルの巨匠と呼ばれるパク・フンジョン監督の新作で、第77回ベネチア国際映画祭非競争部門に韓国映画では唯一招待され、全世界の注目を集めている。

映画『頑張れ!ミスター・リー』『毒戦 BELIEVER』、MBC『最高の愛 〜恋はドゥグンドゥグン〜』、tvN『三食ごはん』シリーズなど、映画、ドラマ、バラエティをまたにかけて全方位で活躍してきたチャ・スンウォンが『毒戦 BELIEVER』以来、久々に強烈なキャラクターで帰ってくる。

チャ・スンウォンが演じるマ理事はテグの組織と対立する組織の最重要人物だ。

「マ理事は事を大きくせずに問題を解決したがる人だ。面白いのに怖い人物であってほしい」という考えでパク・フンジョン監督とキャラクターを作っていったというチャ・スンウォンは、細かな表情の変化だけで一気に劇中に緊張感を吹き込む独歩的なカリスマで『楽園の夜』の危機感を高める。

  • 写真提供:Netflix



  • 写真提供:Netflix

マ理事とテグの間にどのような葛藤が起きるのか観客たちの好奇心が膨らむ中で、チャ・スンウォンは刻々と変化するマ理事の温度差を描き出してストーリーに予測できない緊張感を与える。美しい楽園の島、済州島を背景にパク・フンジョン監督が描き出す荒くて繊細な感性ノワールと、爆発的なカリスマで緊張とサスペンスを加えるチャ・スンウォンの演技がどのように調和するのかにも世間の期待が高まっている。

チャ・スンウォンの変身が光る映画『楽園の夜』は4月9日、唯一Netflixを介して全世界190カ国以上の視聴者と会う予定だ。
  • 毎日経済スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-03-15 11:28:26