トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ヘチ」のチョン・イルが今度は誘拐屋に 時代劇の真髄見せる

「ヘチ」のチョン・イルが今度は誘拐屋に 時代劇の真髄見せる


  • 「ヘチ」のチョン・イルが今度は誘拐屋に 時代劇の真髄見せる
  • 写真:MBN

チョン・イルがMBN『ポッサム』を介して、チョン・イル印の時代劇の真髄を見せ視聴者の心を奪う予定だ。

MBNの10周年特別企画『ポッサム - 運命を盗む』は光海君治下の朝鮮時代を背景に、生計型誘拐屋が誤って姫を誘拐してしまってから始まるロマンス時代劇だ。朝鮮時代の風習である「ポッサム」という新鮮な素材、人気作家と監督のラインアップ、そこにチョン・イルの破格変身が予告され、ドラマファンの間で一気に話題を集めた。

チョン・イルは『美賊イルジメ伝』をはじめとし、『太陽を抱く月』『夜警日誌』『ヘチ 王座への道』まで、多数の時代劇興行作を保有している。彼の名前の前に「時代劇男神」という修飾語がつくこともある。『ポッサム』への期待が高まっている理由にも彼の時代劇でのキャリアが大きな割合を占めている。

制作陣は「チョン・イルが、これまで培ってきた演技力を『ポッサム - 運命を盗む』で惜しみなく発揮している。安定した発声、無駄のないアクション、繊細な感情演技まですべて備えたチョン・イルの男らしい魅力まで楽しむことができる『ポッサム - 運命を盗む』に心を奪われる準備をしてほしい」と気の利いたメッセージを伝えた。

一方、MBN『ポッサム - 運命を盗む』は5月に初放送され、本放送開始と同時に韓国のオンライン動画サービスのwavveでOTT独占公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-03-12 11:04:09