整形手術に400万円使った男性が登場「ソ・ガンジュンに憧れ」


  • 写真:KBS Joy 放送画面

整形手術に4000万ウォン(400万円程度)を使った外見執着男がテレビに登場した。

去る15日に韓国で放送されたKBS Joyのバラエティ番組『何でも聞いて菩薩』には外見に執着して整形手術を止められないという男性が依頼人として出演した。

この日、依頼人は自分が受けてきた整形手術の詳細を説明した。彼は「月に1回、注射施術でスキンケアをする」とし「目元矯正2回、鼻の手術3回、あごの手術1回をした。1カ月前には口元矯正も受けた」と明らかにした。

ソ・ジャンフンが「口元の手術はなぜするのか」と尋ねると依頼人は「似たい芸能人がいる。ソ・ガンジュンさんだ。ソ・ガンジュンさんは口角が上がっている。だから、それだけを見て手術をした」とし「人気の俳優が変わるたびに希望する顔が変わるようだ」と告白した。

イ・スグンは「現在までに整形手術に使った費用はいくらか」と尋ねた。依頼人は「4000万ウォン程度と聞いた。でも整形手術を止められない」と吐露しながら「明日も手術が決まっている。目をより大きくするために再び手術を受ける予定だ」と明らかにして驚きを誘った。

ソ・ジャンフンは「整形手術の目標が他人から認められたいからなのか自己満足なのか」と質問した。依頼人は「道で出会う人々がハンサムな私の顔を見て驚くほどになってほしい」とし「人々の反応を見て自尊心を高めたい」と打ち明けた。

これにソ・ジャンフンが「私はこう見えてもとても自尊心が高い人だ。しかし、あなたは私よりもはるかにハンサムなのに、どうして自尊心が低いのか」と困惑した。

  • 写真:KBS Joy 放送画面

すると依頼人は「実は以前に外見が原因で傷つくことが多かった。サービングのアルバイトをしていたところ社長から「君の外見があまり良くないから他の人を雇用した」と言われた。何だかイケメンであってこそ生きていけるという考えから抜け出せずにいる」と率直に答えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヒョウォン インターン記者
  • 入力 2021-03-16 10:45:19