韓「国際海洋法裁判所に提訴を検討」…日の汚水放流決定で


  • 文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は14日午前、青瓦台本館で開かれた駐韓大使の信任状提呈式で、相星孝一在韓日本大使から信任状を受けとっている。 [イ・チュンウ記者]



文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は14日、日本の原発汚染水の海洋放流と関連し「国際海洋法裁判所に暫定措置を含む提訴する方策を積極的に検討せよ」と指示した。この日、文大統領は青瓦台内部の会議でこのように指示したと、姜珉碩(カン・ミンソク)青瓦台報道官が伝えた。文大統領の指示に従ってすぐさま青瓦台法務秘書官室を中心に、関連部処で提訴を推進すると予想される。

暫定措置は一種の仮処分申請だ。青瓦台の関係者は、「裁判所は暫定措置の要求があれば、紛争当事国の利益保全と海洋環境の重大損傷を防止するために暫定措置を命令することができる」と、提訴の背景を説明した。

前日、日本の原発汚染水の海洋放流決定に政府が強力な対応を予告したことに続き、文大統領が国際海洋法裁判所への提訴までを指示しながら強硬対応に乗り出し、韓・日関係は再び極度の梗塞局面を迎えている。

特にこの日、青瓦台で開かれた信任状提呈式で相星孝一在韓日本大使と接見した文大統領は「この言葉を言わないでは折れない。日本の原発汚水放流決定は地理的に最も近く、海を共有する韓国としての憂慮は非常に大きい」と述べた。続いて「韓国政府と国民のこのような懸念をよくご存じのはず」だとし、「本国にきちんと伝えていただきたい」と強調した。姜珉碩スポークスマンは、「信任状提呈式が終わって歓談の過程での発言で、極めて異例」だと説明した。

※関連記事「「汚染水放出は人類への核攻撃」…韓、水産団体が強く抗議
  • 毎日経済 | イム・ソンヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-14 15:24:28