韓、226万639人が第1次接種を終える…人口比で4.3%


国内でコロナ19ワクチンの接種が始まって以来、58日間で全国民の4%を少し超える人が1次接種を終えた。

25日のコロナ19予防接種対応推進団によると、前日の一日あたりワクチンの新規接種者は6万4344人で、累積接種者数は226万639人に増えた。国内人口(5200万人)に比べて接種率は4.3%だ。

累積の1次接種者のうち、英アストラゼネカワクチンと米ファイザーワクチンを接種した人はそれぞれ131万1996人と94万8643人だ。ファイザーワクチンの2次接種完了者は10万4538人だ。

先だって推進団は去る22日、満75歳以上のお年寄りや高齢者施設利用者・入所者に対するファイザーワクチンの第2次接種を開始した。ファイザーワクチンの1・2次接種(件数)全体を合算した累計接種は236万5177人だ。

現在、国内ではアストラゼネカワクチンとファイザーワクチンで接種が行われている。両方のワクチンはすべて2回接種が必要だ。アストラゼネカワクチンは11〜12週、ファイザーワクチンは3週間間隔で2回めの接種が推奨される。
  • 毎日経済 | チョ・ソンシ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-25 10:06:46