韓、アストラワクチン723万回ぶんを順次供給

今月14日から来月初旬まで 

政府は3日、今月の14日から来月の最初の週までに「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」の予防接種に使われる、英アストラゼネカ製ワクチン計723万回ぶんが順次国内に供給される予定だと明らかにした。

この日、保健福祉部は青瓦台で開かれたコロナ19対応特別防疫点検会議でこのような内容の、「コロナ19ワクチン5~6月供給計画と国内のワクチン開発支援方案」を発表した。

福祉部はこれにより、今月中旬から予定されている第2次アストラゼネカワクチン接種を滞りなく支援し、下旬から予定されている次の第1次接種にも速度を出すと説明した。

現在までに国内に導入されたアストラゼネカワクチンは200万6000回ぶんだ。前日の0時の時点でワクチンの第1次接種を終えた接種者は計182万9239人だ。単純計算では、現在は17万6761回ぶんのワクチンが残ってなければならない。しかし、国産の特殊な「最小残留型注射器(LDS)」を使用したおかげで、現在は34万5000回ぶんが残っている。

残っている34万5000回ぶんをLDS注射器で接種すると、38万1000人まで接種することができる。
  • 毎日経済 | キム・スンハン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-05-03 17:56:20