韓、SNSで「ワクチン接種予約システム」開通…27日から

ネイバーとカカオで 

コロナ19予防接種を予約しておきながら当日キャンセルされた「ノーショ(No show)」に対応するため、韓政府は民間のプラットフォーム会社の協力を通じてただちに予約システムを作ることにした。

コロナ19予防接種対応推進団は14日、「65歳以上の高齢層の予防接種が本格的に施行される5月27日から、予約のキャンセルなどで発生する残余ワクチンを迅速に予約して接種できるようにする予定だ」と明らかにした。

続いて推進団は、ネイバーとカカオのような多くの国民が利用する民間プラットフォーム会社との協力を通じて行う予定だと説明した。

推進団側の説明によると、利用者はまずネイバーとカカオのような地図プラットフォームを持つアプリで、近くにある医療機関と接種医療機関で残余ワクチンがどれほど残っているかの情報を容易に確認できるようになる。その後は本人認証を通じて、疾病管理庁予防接種システム内の予約に一度承認要求をしなければならない。疾病管理庁側で承認を行うと、接種登録をした対象者本人が選択した医療機関にすぐに来院して予防接種を受けることができるようにする方案だ。

推進団側は来週中に残余ワクチン予約接種システムと関連し、具体的な説明を発表する予定だ。推進団は「官民協力して国民は周辺医療機関で残余ワクチンが発生するかどうかを迅速に把握し、より簡単に接種予約を行ってワクチンの廃棄量も最小限に抑えることができるものと期待している」とした。
  • 毎日経済 | パク・ユンギュン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-05-14 15:50:46