韓検察、李サムスン副会長を略式起訴

麻薬類管理法違反の疑いで 

睡眠麻酔剤プロポフォールの違法投薬疑惑を受けている李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長が略式起訴された。

4日の法曹界によるとこの日、ソウル中央地検の強力犯罪刑事部(部長検事ウォンジエ)は李副会長を麻薬類管理法違反の疑いで罰金5000万ウォンで略式起訴した。

検察は李副会長が長年のあいだ、皮膚病などを治療する過程でプロポフォールを接種したことが麻薬類管理法に違反したと判断した。

これに先立ち、国民権益委員会は昨年1月に李副会長がソウル市江南区のある整形外科でプロポフォールを投薬したという公益申告を受けて、検察に捜査を依頼したことがある。李副会長側は去る3月、外部の専門家らが捜査と起訴妥当性を判断してほしいと検察の捜査審議委員会を申請し、「医療処置の過程で合法処置のほかにプロポフォールの違法投薬はなかった」と主張した。

去る3月26日に開かれた捜査審議委員会では、検察と李副会長側の弁護人が捜査継続と起訴するかどうかをめぐって対立した。けっきょく捜査審議委員会は捜査中断を勧告し、起訴するかどうかは審議委員が7対7で分かれて明確な結論を下せなかった。この日、検察の略式起訴は捜査審議委員会の勧告趣旨を一定部分反映したものと思える。

これに対して李副会長は「個人はもちろん、企業のために事件を早期に終結し、司法リスクを最小化することが良いだろう」という弁護人のアドバイスにしたがって、検察の処分を受け入れることしたと伝えられた。李副会長側の弁護人は「今後の対応は慎重に検討して決める」と語った。
  • 毎日経済 | パク・ユネ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-06-04 18:17:57