韓「ファイザー接種後5分で倒れ昏睡状態」…国民請願に


  • [写真出処=青瓦台国民請願掲示板]



米ファイザー製ワクチンの第1回接種を終えた直後に倒れて昏睡状態に陥った90代の患者の家族が悔しさを訴える国民請願を上げた。

去る9日、青瓦台(韓国大統領府)の国民請願掲示板には「私たちの父がファイザー第1次ワクチン接種後の副作用で壇国大病院の集中治療室に脳死状態で横になっておられる」というタイトルの請願が上がってきた。

請願人は「90歳である私たちの父が4日午前9時、忠南・洪城(ほんそん)予防接種センターでファイザーの第1次ワクチン接種後5分で異常反応が現れて倒れた」とし、「現在は集中治療室で脳死状態に横たわっておられる」としている。

請願人によると、請願人の父親はワクチン接種の時点で14分後に心停止状態になり、近所の洪城医療院に移送されて心肺蘇生法を数回実施したところ呼吸はとり戻したが意識がない状態で、天安(ちょなん)にある壇国大病院に移送して集中治療室に移された。

請願人は「現在が呼吸が不可能で人工呼吸器に依存しており、脳死状態で緊急治療室に入院中」だとし、「蘇生の確率が希薄だという医師の診断を受け、現在は集中治療室で延命治療の状態にある」と伝えた。

請願人は「しかし病院ではワクチン接種との因果関係が不明確だという所見が出てきた」とし、「接種現場で行われた一連の状況だけを見ても明らかなワクチン接種による事故なのに、ワクチンとは無関係であり、因果関係を知ることができないという式の結論は大韓民国国民の誰にも納得できないことだと思う」と吐露した。

それとともに「前日までの畑で雑草を抜いていたが、ちょっと外出するようにワクチン接種に行ってくると言っていた父が冷たい病室に意識もなく横になっておられる」とし、「家族さえ面会もできない集中治療室で意識もなく、脳死状態で一人横になっている…このような状況が子としてあまりにも不合理で、このようなとんでもないことがたっていいのだろうかと」と虚脱している。

請願人は「政府はワクチン接種現場で応急処置や対応に不備がなかったか、システムを補完する部分はないのか入念に調べて欲しい」とし、「国民が政府を信じて国家防疫に積極的に参加できるように、正確な調査と対策が行われることを期待している」と訴えた。
  • 毎日経済 | キム・ギョンテク毎経ドットコム記者
  • 入力 2021-06-10 14:14:30