[フォト] 延長された「社会的距離の確保」第4段階


  • 国内の「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)第4次大流行」の勢いがなかなか終息しないなかで、新規感染者数が1600人台前半を示した23日午前、ソウル市龍山区保健所の選別検査所で市民が検査を受けるために列に並んでいる。 [イ・スンファン記者]



23日午前、依然として選別診療所はコロナ19の診断を受けようとする市民で混み合った。

コロナ19「第4次大流行」が続き、23日の新規感染者数は1600人台前半を示した。

中央防疫対策本部はこの日午前0時の時点で新規感染者は1630人増えて、累積18万5733人と発表した。一日確定者数は去る7日(1212人)から17日めで4桁を続けた。

首都圏を中心に本格化した第4次大流行は、最近は非首都圏でも明確な拡散を見せている。

  • 23日に中央防疫対策本部がソウル・京畿・仁川など首都圏の3つの市と道で、試験的に実施している距離の確保第4段階措置を来月8日夜12時までの2週間延長すると発表したなかで、ソウル市鍾路区堅志洞の議政府プデチゲ&トンカツ事業主が延長案内文をかけている。 [イ・スンファン記者]



  • 中央防疫対策本部が23日に首都圏の第4段階措置を来月8日夜12までの2週間延長すると発表したなかで、ソウル市鍾路区内需洞の食道が集合禁止第4段階の案内文を付けた。 [イ・スンファン記者]



特に夏休みと重なって非首都圏の休暇地・大都市を中心に移動量が増えて、地域発生の確定者のうちで非首都圏の割合が30%を上回っており、流行の規模はさらに大きくなることがありうる状況だ。

政府は来る25日に終了予定だった首都圏の「社会的距離の確保」第4段階を来月8日までの2週間延長することにした。

今週だけを持ちこたえれば再び商売できるという期待感に堪えてきた自営業者は延長ニュースに残念な表情だが、いまやもう当惑もしないという反応だ。

  • ソウル市恩平区保健所の選別検査所で医療スタッフが暑さと死闘を繰り広げている。 [イ・スンファン記者]

.
  • 毎日経済 | イ・スンファン記者
  • 入力 2021-07-23 17:00:44