シャネル店舗で集団感染…訪問客1600人の検査、進展せず


集団感染が発生した釜山新世界百貨店センタムシティ店のシャネル店舗で1人の追加確定者が発生したが、1600人の訪問者に対する診断検査は速度を出せずにいることが分かった。

釜山市は31日、隔離していたこの店の従業員の1人が追加で確定判定を受けたと明らかにした。

この店で働いていた従業員が去る28日に最初の確定判定を受けた後、29日に従業員2人、30日にも従業員2人と職員の知人5人が確定された。これにより、前日までに店舗関連の感染者は10人に増えた。しかしこの日に1人追加されて、総確定者数は11人になった。

このようななかで、この店に関連する診断テストを受けた訪問者は、前日の深夜の時点で284人にとどまった。これらはすべて陰性で出てきた。

防疫当局によるとこの店の従業員は56人に達し、訪問者は1600人に達することが分かった。大規模な集団感染が懸念される状況でありながら、診断テストの数は17.7%と大幅に低い水準だ。

現在、この店舗は去る29日から閉店した状態だ。
  • 毎日経済 | イ・サンギュ記者
  • 入力 2021-07-31 15:16:57