東京オリンピックの韓国スター選手がファッションモデルに


  • ジュエリーブランドのLLOYD(ロイド)の新しいモデルとして起用されたアン・サン選手[写真出処=ワールドジュエリー事業部]



ファッションジュエリー企業が東京オリンピックのライジングスターとして注目を受けた韓国の国家代表選手たちを続々とモデルに起用している。特に1990~2000年代に生まれた選手たちの活躍が目立ったオリンピックだっただけに、これらのZ世代の選手たちにラブコールが降り注ぐ雰囲気だ。

24日の関連業界によると、イーワールドのジュエリー部門はゴールドジュエリー専門ブランド「ロイド」の新モデルとして、アーチェリー国家代表のアン・サン選手を抜擢した。

ジュエリーブランドのミューズになったオリンピック3冠王のアン・サン選手は、生涯で初めてのグラビア写真を撮った。アン・サン選手はふだんからピアスやアクセサリーに関心が高く、今回のグラビア撮影の提案を快諾したと伝えられた。

ロイドはアン・サン選手との写真撮影を記念して、アン・サン選手のイニシャルが刻まれたスペシャルエディションのブレスレットを同時に公開する計画だ。

  • フィラが公開したフェンシングサーブルF4のグラビア。写真左からオ・サンウク選手、キム・ジョンファン選手、ク・ボンギル選手、キム・ジュノ選手[写真出処=フィラ]



ファッション企業フィラは東京オリンピックで金メダルを獲得した男子フェンシングサーブル代表4人をモデルに掲げた。

この日のフィラによると、マガジン「メンズヘルス」とともに「パフォーマンスヒーロー」のグラビアで、大韓民国の男子フェンシングサーブル代表4人(オ・サンウク選手、キム・ジュノ選手、ク・ボンギル選手、キム・ジョンファン選手)は、フィラの靴と服を着用して八色鳥の魅力を発揮した。

オリンピックの期間中、競技力と同じくらい美しいビジュアルで「フェンシングF4」、「アフェンジャーズ(フェンシング+アベンジャーズス)」などの別名を得た4人衆は、撮影スタジオでも情熱的な姿を見せてくれたとフィラ側は説明した。

フィラは2019年から大韓民国フェンシングチームを公式後援している。今回の東京オリンピックに参加したフェンシング代表選手たちは、フィラが提供したユニフォームを着て試合に出場した。

  • 「卓球の神童」シン・ユビン選手[写真出処=大韓卓球協会]



「卓球の神童」シン・ユビン選手は最近、ナイキのモデルになって広告モデルになって話題になった。成績よりは「卓球を楽しむシン・ユビン」に焦点を当てた広告の内容で、シン・ユビン選手も楽しく撮影をしたと所感を伝えた。

ファッション業界の関係者は「今年の夏、国民に大きな喜びをプレゼントした東京オリンピックの主役たちを通じて、企業別ブランドを広報することに積極的に乗り出した姿」とし、「特にZ世代の代表選手たちは自らユーチューブやインスタグラムを運営するほど充分にSNSに長けており、また別の次元のバイラルマーケティングを期待している」と語った。
  • 毎日経済 | パン・ヨンドク記者
  • 入力 2021-08-24 20:34:30