【速報】新規感染1793人、53日め4桁…全国拡散傾向続く


国内コロナ19第4次大流行が続き、28日の新規感染者数は1700人台後半を記録した。

28日の中央防疫対策本部によると、この日の午前0時の時点で新規感染者は1793人(地域発生1738人、海外流入55人)で、前日(1841人)よりも48人減少した。累積感染者は24万6951人だ。

1週間前の先週の土曜日(21日0時)の1877人と2週間前の土曜日(14日)の1928人よりも、それぞれ84人と135人少ない数値だ。

伝播力の強いインド由来の「デルタ型」変異がすでに国内の優勢種として定着した後、拡散傾向はなかなか弱まる兆しを見せていない。さらに来月は全国民の移動が予想される秋夕(チュソク)連休も控えており、感染者の規模はさらに大きくなることが懸念される状況だ。

今月22日からこの日まで、ここ1週間に発生した新規感染者だけを見れば日ごとに1626人→1417人→1508人→2154人→1882人→1841人→1793人を記録し、一日に最低で1400人以上ずつ出てきた、多い場合は2000人内外を上がり下がりした。
  • 毎日経済 | チョ・ソンシン記者
  • 入力 2021-08-28 09:36:57