中秋の名月、午後7時ごろに…昼まではところどころで強い雨


  • 毎経DBから


秋夕(チュソク)当日の21日は、全国に雨が降るだろう。

この日の予想降水量は南部地方と済州島で20~70㎜(多いところは100㎜以上)、中部地方で10~50㎜、江原嶺東と慶尚北道の東海岸、鬱陵島、独島、西海5島では5~20㎜だ。

朝までに首都圏と江原嶺西そして忠清圏に1時間あたり20~30㎜内外の雨が降る所があるだろう。湖南と済州島は午前までに、嶺南は昼まで、場所によって1時間30~50㎜内外の強い雨が降ると思われる。

雨は昼の間に首都圏と忠清南道、湖南をはじめとして、午後にはほとんど上がるだろうが、この日の夜に首都圏と江原嶺西から再び振り出して、22日には全国に拡大するだろう。

雨が降るあいだは瞬間風速秒速15m(時速55㎞)以上の突風と、雷あるいは落雷のあるところが多いだろう。墓参りや登山などのアウトドア活動で事故が発生しないように注意しなければならない。

この日の朝の最低気温は18~23度で、日中の最高気温は25~29度と予報された。

微細粉塵の濃度は円滑な大気拡散で、全圏域で「良い」と予想される。

一方、この日の中秋の満月時刻は、△ソウル午後6時59分、△仁川午後7時、△水原は午後6時59分、△江陵は午後6時51分、△春川は午後6時56分、△大田市は午後6時57分、△清州では午後6時57分、△大邱市は午後6時52分、△釜山は午後6時50分、△蔚山で午後6時49分、△光州市は午後6時59分、△全州市は午後6時58分、△済州は午後7時だ。
  • 毎日経済 | キム・ジョンウン記者
  • 入力 2021-09-21 06:58:28