【韓国でアンケート】「乗り換え別れ、理解できる」49%

結婚情報会社デュオ、未婚男女300人を対象にアンケート調査を実施 

交際途中に軍隊に入った将兵たちは、恋人が「ゴム靴を逆に履く(自分を裏切るという意味)」 のではないかと戦々恐々としている。

たくさんの靴の中でよりによって、なぜ「ゴム靴」を選んだのだろうか。ある人はゴム靴は伸縮性があって逆に履くこともできるので、浮気をしてバレた女性が急いでる時に選んだ靴がゴム靴だったと説明する。

この言葉を聞いた誰かは直接実験をしてみたそうだ。逆に履けるが逃げるのに適当ではなかったため「ゴム靴を逆に履く」という言葉はとんでもないと厳しく忠告した。

「乗り換え別れ」 はゴム靴を逆に履くのとは全く違う。地下鉄やバスを乗り換えるように付き合っていた人と別れるやいなや新しい人と付き合うことを意味する言葉だ。

一旦、別れた後は悪口を言っても無駄だし悪口を言われることもない。

しかし、別れてすぐに他の人と付き合うなんて少し残念だし、自分がそんなに憎かったのかという寂しい思い、相手を憎む気持ちなどいろんな感情が交錯するはずだ。裏切られたような気もするだろう。

結婚情報会社のデュオがアンケート調査会社のマクロミルエムブレインに依頼し未婚男女を対象に実施したアンケート調査でも「乗り換え別れ」の複雑な心境が読み取れる。

未婚男女300人(男女各150人)を対象にした同調査で「自分が乗り換え別れをしたことがある」と答えた回答者は男性が18.7%で、女性が34.7%だった。

男性は偶然タイミングが合って(45.9%)、前から関心を持っていた人がいて(36.5%)、前の恋人にこれ見よがしに暮らしたくて(6.8%)別れるやいなや新しい恋人と付き合い始めたと答えた。女性は前から関心を持っていた人がいて(40.6%)、偶然タイミングが合って(39.6%)、別れた後の空白に耐えられなくて(15.6%)という理由を挙げた。

別れた前の恋人が「乗り換え別れをした経験がある」と答えた回答者は男性が36%、女性が34.7%で男性の方が多かった。

「乗り換え別れ」という苦い経験をして、どんな反応を見せたのだろうか?これらの半数を少し上回る54.7%が「不愉快だが見過ごす」と回答した。「気にしない」と答えた回答者は33%、「釈明を求める」、「周りに公論化する」と答えた人はそれぞれ5.7%で少数にとどまった。

「乗り換え別れ」そのものに対する未婚男女の認識も似ている。「好ましくはないが理解できる」という反応が49%とほぼ過半数となった。しかし「絶対に許せない」と答えた回答者も29.7%で少なくない割合だったが、これは「2人が恋愛をしている間にも他の異性と会っていたのではないか?」、このような疑いを持っているためと思われる。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-10-09 00:00:00