韓「ウィズコロナ」移行計画、29日に発表

18ヶ月ぶりで日常に 


「コロナ19トンネル」の終わりが見え始めた。政府は来月1日から「段階的日常回復(ウィズコロナ)」のために防疫体系の転換を宣言し、コロナ19に奪われた日常を取り戻すことになった。昨年の2月末に社会的距離の確保が初めて施行されて以来の18ヶ月ぶりだ。

中央事故収拾本部は25日、ソウル市中区太平路の韓国プレスセンターで「段階的日常回復履行計画公聴会」を開き、総3段階に分けて実施する段階的日常回復の草案を発表した。日常回復は4週間の運営期間と2週間の評価期間を経て、6週間隔で3段階に分けて行われる。

草案によると、来月1日から第1次改編が実施される。これによって学習塾や映画館、レストラン、カフェ、屋内体育施設(フィットネスやゴルフ練習場など)、カラオケなどの遊興施設を除くすべての商業施設の運営制限時間が全面解除される。私的な集まりはワクチン接種の有無に関係なく、最大で10人まで可能となる。カラオケ・大衆浴場・屋内体育施設・競馬場・競輪場などの感染症のリスクが高い施設は、ワクチン接種の証明書(ワクチンパス)と遺伝子増幅検査(PCR)の陰性確認書があれば出入りが可能だ。病院・介護施設・認知症施設・敬老団などの高危険群の多い施設も同様だ。

イベントの制限も大幅に緩和される。接種未完了が含まれる場合は最大で99人までに、接種完了者のみで構成された場合には499人までの大規模イベントを開くことができる。野球場などのスポーツ競技場の座席の50%を観客で満たし、接種者専用エリアでは食品の摂取量と定員の100%までの利用が可能となる。

新規確定者数を基準に距離の確保の段階を決定していたこととは異なり、△予防接種の達成率、△集中治療室・入院病床の余力、△週間の重症患者・死亡者の発生規模、△流行の規模・再生指数などを総合的に判断する。防疫状況が安定的であれば、2週間の評価期間の終了を待たずに次のステップに進むが、確定者急増などの防疫リスクが発生した場合には2週間以上かかることもある。突発的な変数がない場合は2次改編段階は12月中旬に、3段階は来年1月末に始まる可能性が高い。

このことから、12月からはワクチン接種完了者のみが参加する場合、コンサートや集会を人数制限なしに開催することができる。来年1月末からは私的な集会の人員制限がすべて解除される。トルジャンチ(初誕生日)や結婚式などを自由に開くことができるということだ。しかし第3次改編の段階でも室内でのマスク着用や出入り名簿は維持される可能性が大きい。

日常の回復が始まると海外の事例のように、感染者が急激に増える可能性を排除することはできない。集中治療室や入院病床の稼働率が80%を超えるなど、医療システムの崩壊の危険が感知されると日常回復の転換は中断される。鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は「今後の展開する状況を予測することは非常に難しく、多くの不確実性があることは事実」だとし、「予防接種率を国民の80%を超えて最大限に高め、高危険群への追加接種も迅速に推進する」と述べた。日常回復移行計画の最終案は29日に発表される。
  • 毎日経済 | ユ・ジュヨン記者/キム・シギュン記者/チョン・ヒヨン記者
  • 入力 2021-10-25 18:24:00