トップ > コリアナウ > Korea Now > 韓、冬を促す雨…9日朝は気温が零下に

韓、冬を促す雨…9日朝は気温が零下に


  • 韓、冬を促す雨…9日朝は気温が零下に

  • 冬を促す冷たい風が強く吹くなかで8日、京畿道光明市のある通りでは、並木が華やかな編み物を着た姿が注目を集めている。 [写真ソース=連合ニュース]



全国的にとつぜん気温が落ちた。気象庁は今週のあいだずっと雨が降り、風が強く吹くと予報した。

8日の気象庁によると、今週の金曜日まで京畿道南部と江原道の嶺西、忠清圏、全羅圏を中心に間欠的な雨が続く。江原道の山地では気温が大きく下がり、雨が雪に変わって降り積もるところもあると見通した。江原道の山地に多くの雪が積もり、大雪特報が発表される可能性もあると気象庁は明らかにした。この日の予想積雪量は江原道の山地が3~8センチで、江原道の内陸と慶尚北道の北東山地は1~5センチだ。

突然の冬の天気は、モンゴルとシベリアから南下した冷たい空気が韓国に持続的に影響を与えるためだ。 9日の朝は最低気温が0~9度で前日比で9度ほど下がり、急激に寒くなる。昼間の最高気温は8~15度で、前日比で2~3度ほど低くなる。 11日以後は朝の気温が零下に落ちるところがあると気象庁は予報した。

雪の予報もある。 9日は江原の山地だけでなく慶北の北東山地も気温が下がり、雪が降り積もるようで、京畿道の東部と忠清道の北部、慶北の北部内陸の高い山地にも雨と雪が混じって降る所があるだろう。

西海岸と江原の山地に吹く強い風は、この金曜日まで続く見通しだ。この影響で西海の海上とその他の遠海を中心に、波が非常に高くなる見通しだ。気象庁はとうぶんのあいだすべての海上で35~65km/h(10~18m/s)の強い風が吹き、波が2.0~5.0メートルと非常に高くなるので海上活動と運航に格別に留意するように要請した。

また、強風によって屋外に設置されたコロナ19選別検査所や建設現場、ビニールハウスなどの被害が懸念されるだけに、施設の点検および管理にも注意を払わなければならない。歩行者と車両運転者は施設物の破損や看板などの落下物による二次被害が懸念される。仁川大橋と西海大橋など高い高度の橋とトンネルを通過するときは、強風による車両転覆事故にも留意しなければならない。

  • 毎日経済 | ムン・ガヨン記者
  • 入力 2021-11-08 17:20:22