韓「ウィズコロナ」に急ブレーキか…一日の死者52人で最多


「段階的日常回復(ウィズコロナ)」以後、コロナ19の拡散傾向が続き、27日は歴代で最多の死亡者が発生した。

中央防疫対策本部はこの日、午前0時の時点で新規確定者は4068人で、累積確定者は計43万6968人だと明らかにした。新規死亡者は50人を超え、一日あたりの死亡者としては歴代最多であり、危篤・重症患者も600人台で集計されて5日連続で最多を記録した。

新規確定者4068人は国内のコロナ19事態以後で2番目に大きな規模であり、初の4千人台の確定者を記録した去る24日(4115人)から3日ぶりの4千人台記録だ。特にソウル地域で初めて1800人台の確定者が出てきたことで、首都圏中心の拡散傾向が大きくなっている。

コロナ19で死亡した患者は52人だ。一日あたりの死亡者の数としてはコロナ19の流行以来では最多で、これまでの最多記録だった前日の39人よりも13人も多い。これによって累積死亡者数は3492人に、国内の累積致命率は0.8%だ。

危篤・重症患者は634人と集計され、3日連続で600人台を記録した。危篤・重症患者は去る23日に549人で最多を記録した後、24日586人、25日612人、26日617人、この日は634人に増加し5日連続で最多記録を更新した。
  • 毎日経済 | ソ・ジヌ記者
  • 入力 2021-11-27 14:06:51