トップ > コリアナウ > 事件事故 > [速報] オミクロン集団感染か…仁川で疑惑者発生

[速報] オミクロン集団感染か…仁川で疑惑者発生


仁川市弥鄒忽区(みちゅほるぐ)の教会でコロナ19の新しい変異体「オミクロン変異株」感染の疑いが発生した。

3日の防疫当局によると、先月28日にオミクロン変異株に感染したウズベキスタン国籍の30代男性の婦人と義母、知人などの3人がこの教会の礼拝に参加した。彼らは現在、コロナ19感染者と確認された。ただしオミクロン変異株の感染を確認する検査は進行中だ。

パク・ヨンジュン中央防疫対策本部疫学調査チーム長は3日、バックブリーフィングで「この男性の奥さんと義母、知人が礼拝に出席した教会で追加確定者の報告があった」と明らかにした。

続いて「夫人ら3人が教会で接触した411人と、この教会の他の時間帯の礼拝に出席した369人に対する検査が前日から行われている」とし、「追加確定者が出続ける可能性がある」と語った。

そして「(追加の確認者が増えれば)オミクロン変異株に関連し、施設内で集団感染が発生した最初の事例といえる」と付け加えた。
  • 毎日経済 | キム・スンハン記者
  • 入力 2021-12-03 15:20:39