トップ > コリアナウ > 社会 > 【韓国でアンケート】未婚男女71%「新年の目標を達成できなかった 」

【韓国でアンケート】未婚男女71%「新年の目標を達成できなかった 」


2022年1月もすでに半分近く過ぎた。

どうですか。

新年に入って必ず叶えてみせると固く誓った自分との約束は守れただろうか。

守れなかったって?

あまり自分を責めないでほしい。

三日坊主、いや三秒だけ意識したとしても自然なことだ。

自分だけだろうか。

韓国の結婚情報会社のデュオが未婚男女300人(男女各150人)に質問したところ、71%が「新年の目標を達成できなかった」と答えた。

今年の自分との約束ではなく昨年の目標に対する各自の評価だが、今年の年末頃になれば2022年の目標も似たような様相を呈するだろう。

アンケートに応じた未婚の男女が、2021年について感じた感情の中で最も多かったのは「むなしさ」(33.7%)だった。「もどかしさ」(26.3%)、「後悔」(11%)、「悲しみ」(3.7%)を合わせれば否定的な感情が70%をはるかに超える。

「満足している」という回答は回答者の10人に1人(11%)だった。

  • 【韓国でアンケート】未婚男女71%「新年の目標を達成できなかった 」
新年の目標を達成できなかった理由に何を選んだのだろうか。

「新型コロナウイルス」(18.3%)、「忙しい日常」(13.1%)、「運の足りなさ」(10.3%)、「お金がなくて」(8%)など言い訳をする回答も少なくなかったが、「自分の意志が足りないため」を選んだ回答者が40.4%で最も多かった。

未婚男女が壬寅年の新年に叶えたいことは何だろうか。

「就職、昇進、転職」(27.3%)など職場や職業に関する希望が最も多く、「財テク」(21.7%)と「資格取得」(14.7%)が後に続いた。まだ未婚なのに「恋愛や結婚」を新年の希望に挙げた回答者は10人に1人(9.3%)だけだ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2022-01-15 00:00:00