トップ > コリアナウ > 事件事故 > 韓、高層ビルで「異常振動」緊急点検…アクロフォレストビル

韓、高層ビルで「異常振動」緊急点検…アクロフォレストビル

SMエンターも入居 

  • 韓、高層ビルで「異常振動」緊急点検…アクロフォレストビル

  • 異常振動を感じたという住民の申告で安全点検が行われた、城東区のアクロソウルフォレスト ザ・タワー。 [キム・ホヨン記者]



ソウル市城東区に位置する超高層住商複合ビルの「アクロフォレスト ザ・タワー」で揺れ現象が発生し、ソウル市と消防当局および国土交通部が調査に乗り出した。 消防当局は去る21日、前日の午後4時29分頃に「建物が上下に揺れた」という申告があって出動したと明らかにした。城東消防署の関係者は「建物内の防災センターにある地震検知装置を職員と確認した結果、特異な事項はなかった」と語った。

そんな中なかで、21日午後にも建物内部の自動ドアのガラスが壊れたという申告が受けつけられて、一気に騒動に発展した。ただしこれは住商複合ビルに問題があったり、地震などの自然災害が起きたわけではなかったことが分かった。ソウル市消防災害本部の関係者は「申告が入ってきた21階を確認した結果、今回壊れたのではなく去る7日の内装工事で破損したことを誤認して申告したもの」だと明らかにした。

実際に住商複合ビルを管轄する城東区庁建築課とソウル市などから派遣された専門家らはこの日午前、現場を訪問した後に撤収したことが確認された。国土部も傘下機関である国土安全管理院を通じて、リスクの有無を検査している。

しかし建物に入居した職員らは何も信じられないと不安を訴えている。アクロフォレストは2020年12月に竣工した住商複合ビルで、その中でも業務空間であるザ・タワーは地下7階・地上33階建てになっている。建物にはSMエンターテイメント、現代グロービス、ソカーなどが入居している。

施工社であるDLイーアンドシーは前日、消防当局と一緒に建物の点検を進めたことに続き、この日は救助技術士などの専門家10人あまりを投入して緊急安全診断を実施した。計測に参加したソウル大学建築学科のパク・ホングン教授は「点検の結果、今回の振動と建物の構造安定性には関係がないという事実を確認した」とし、「建物内部の特定活動によって発生した微細振動と推定される」とした。 DLイーアンドシーの関係者は「前日に苦情が受け付けられて当局と一緒に事態把握に乗り出したが、特異事項は出てこなかった」とし、「主要階層別に計測器を設置して、リアルタイムモニタリングを行う方針」だと明らかにした。この日の騒動でDLイーアンドシーの株価は前日比で7.69%暴落した11万4000ウォンを記録した。
  • 毎日経済 | コ・ボヒョン記者/チョン・ジョンフン記者/パク・チェワン記者/ソン・ドンウ記者
  • 入力 2022-01-21 20:43:30