トップ > コリアナウ > Korea Now > 南極が溶ける…世宗基地で「13.9度」歴代最高

南極が溶ける…世宗基地で「13.9度」歴代最高


  • 南極が溶ける…世宗基地で「13.9度」歴代最高
  • 写真提供=パク・チョンソン極地研究所責任研究員


「巨大な冷蔵庫」南極が溶けている。気温上昇で氷河が溶けたことに続き、韓国の南極世宗基地でも設立以来の最高気温が観測された。南極の気温上昇は韓半島を取り巻く海の水温上昇と異常気温現象につながる可能性があり、懸念が大きくなる。

17日の極地研究所によると去る7日午後6時26分(現地時間)、南極世宗基地の気温は13.9度と観測された。これは1988年に韓国が南極に世宗基地を作り、気温を観測し始めて以来で最も高い数値だ。これまでの最高気温は2004年1月24日に測定された13.2度だ。

極地研究所は、気候変動でチリの南側の海水面温度が上昇し、そこで作られた暖かい風が北風に乗って南極に直接流入したことを原因として指摘した。

13.9度が南極で観測された最高値ではない。 2020年2月、スペインのエスペランサ基地では18.3度が観測された。しかしスペイン基地は地形的要因で高温現象が発生したことに比べて世宗基地は海だけに囲まれており、地形に関係なく高温が観測されたという点で違いがある。キム・ソンジュン極地研究所大気研究本部長は「地形的要因を除いて全般的な温度が高くなり、これまでの世宗基地の最高気温が変わったというのが今回の観測の意味」だとした。

南極の気温上昇は世界的にも大きな影響を及ぼす。氷河が溶けて海面が上昇する結果につながるからだ。太平洋のサンゴ島などが浸水する可能性も高い。実際、2017年にラルセン氷河から離れた氷河は海を漂流し、離脱地点から4千キロ離れたところで消滅した。これによりプール6千万個分の淡水が海に流入した。

氷河「スウェーツ」でも四方に伸びた亀裂が発見され、3~5年以内にこっぱみじんになるだろうという展望が出ている。この氷河の大きさは韓半島全体の面積に似ている。すべて溶けた場合には海面がメートルm高くなると予想される。溶けて海に流入した氷は、短期的には地球の温度上昇を緩和することができる。しかし東アジア地域に対しては、むしろ海面温度を上昇させる可能性が高い。
  • 毎日経済 | チョン・ヒヨン記者
  • 入力 2022-02-17 17:08:14