トップ > コリアナウ > 政治 > ユン当選者「自由民主主義・市場経済をただす」

ユン当選者「自由民主主義・市場経済をただす」


  • ユン当選者「自由民主主義・市場経済をただす」

  • ユン・ソギョル第20代大統領当選者が初の外部公式日程として、去る10日にソウル市銅雀区の国立顕忠院を訪問し、参拝するために歩いている。左はキム・ギヒョン国民の力院内代表、右はイ・ジュンソク党代表。[イ・スンファン記者]


第20代大統領選挙で約25万票差で劇的な勝利を収めた尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領当選者の最初の一声は「ただの国民」だった。当選が確定した10日午前、ユン当選人は国会図書館に設けられた国民の力状況室を訪れ、対国民当選の挨拶を行って「国民は26年間権力に屈しなかった私の所信に希望をかけて私をこの場所に立たせた」とし、「この国の公正と常識をまっすぐにただすという改革の声で、国民を偏らせず、統合の政治を行えという切実な訴え」だと語った。

続いて「自由民主主義と市場経済をきちんと立てて、危機を乗り越え、統合と繁栄の時代を開く」とし、「自由民主主義を脅かすどんな勢力と理念も遠く、国民の常識に基づいて国政を運営する」と語った。また「国民個々人に公正な機会が保障され、自律と創意を存分に発揮できるダイナミックな国、労働の価値が尊重され、働く人がさらに豊かに暮らす国を作る」と誓った。

選挙運動のあいだ文在寅政府を傲慢と無能として規定し、政権審判を叫んできただけに、前政権の失敗を踏襲しないという意志も表わした。ユン当選人は「国政の懸案をめぐって国民と真面目に疎通する」とし、「参謀の後ろに隠れず、政府の過ちは率直に告白する」と語った。具体的にはどのようにコミュニケーションするかという質問に、「記者の皆さんと懇談会を頻繁に行う」と語った。

政権交代という目的は成し遂げたが、172席「巨大野党」と同居する状況については「議会と疎通して野党と協議する」という原論的立場を明らかにした。「ヨソヤデ(与小野大)」国会との関係設定をどうするかと投げかけた質問に、「民主国家でヨソヤデはとても自然なこと」だとし、「韓国民主主義と政治がはるかに成熟していく機会」とした。また「与党でも野党でも、国家と国民を考えて行うことだから私は信じる」と答えた。

開票の結果、女性と湖南地方で比較的低い得票率を記録し、男女と地域葛藤が票心にそのまま現れたという評価について、「選挙結果を振り返る理由はない。昨日の結果を見て忘れてしまった」とし、「地域感情問題を解いて行く方案は、すべての地域が公正でバランスよく発展できるように力を集めなければならない。ジェンダー葛藤については男女両性の問題を、集合的な平等だから対等だという問題よりも個々の不公正事案に対して強力に保護することが重要だ」とし、「そうすることが女性をより安全かつ強力に保護できる道だといつも考えてきた」と明らかにした。

ユン当選者はこの日午前、文在寅(ムン・ジェイン)大統領およびジョー・バイデン米国大統領と通話し、当選祝いの挨拶を受けた。ソウル市汝矣島の党舎に設けられた当選人室で、ユ・ヨンミン大統領秘書室長、イ・チョルヒ政務首席から祝いを受け、パク・ピョンソク国会議長も訪問した。
  • 毎日経済 | パク・イネ記者/チョン・ジュウォン記者
  • 入力 2022-03-10 23:52:44