トップ > コリアナウ > 社会 > 「ひどすぎる」済州島で口と足を縛られた子犬が菜の花畑に ネットに怒りの声

「ひどすぎる」済州島で口と足を縛られた子犬が菜の花畑に ネットに怒りの声


  • 「ひどすぎる」済州島で口と足を縛られた子犬が菜の花畑に ネットに怒りの声
  • SNSキャプチャ

済州島のある私設の動物保護施設の近くで、口と足が紐で縛られた犬が発見され、ネットユーザーたちが怒りの声をあげている。

動物保護施設でボランティアをしているAさんは13日、SNSを通じて「子犬一匹が口が縛られ、前足が背中で結束されたまま発見されて救助された」と当時の状況がおさめられた映像を公開した。

映像の中の子犬の口は紐で縛られており、さらにテープでもう一度巻かれた状態だ。

  • 「ひどすぎる」済州島で口と足を縛られた子犬が菜の花畑に ネットに怒りの声
  • SNSキャプチャ

Aさんは「口の中に舌を巻いておき、紐とテープを使ってどれほど強く結んだのか、いつから縛られていたのか、口の周りに傷と膿が出ている」とし「人間でも苦しい姿勢で両足をとてもきつく縛られていて動くこともできずに菜の花がきれいに咲いている人の目につきにくい通路にこの子を置いて行った」と話した。

続いて「急いで縛られていた紐を解いてあげると、死んだように力なく落ちる足、歩くことができない子を抱いて空いた犬小屋に横たえた」とし「発見されていなかったらさみしく苦しみながら死んでいったであろう子。生かそうと努力しているけど、一方では何とかして殺そうとするこの状況に疲弊し苦しい」と話した。

保護施設側は子犬の救助後の状況もSNSに知らせた。

保護施設側は「初めは捨てられた子だと思ったけど、病院で確認した結果、登録チップがあった」とし「推定すると、この子がある状況で犬小屋の外に出て、この子を発見した誰かがこの姿にして見えないところに投げて行ったようだ」と推測した。

すると「病院で診療を受けた結果、縛られていた時間はそれほど長くはないようだ」とし「まず現在は四足でよく立っていて肩に力を加えてもよく耐えるのをみると骨には問題がないと判断した」と説明した。

保護施設側は近隣に防犯カメラが設置されておらず状況の把握が困難だと伝えた。ただし、保護施設の入り口付近に置かれていたのをみると保護施設の位置を知っている周辺人物の仕業と見ている。

これを見たネットユーザーたちは「人類愛が本当に消える」「どんな汚い言葉も思い浮かばない」「子犬に申し訳ない」「話せない動物だからと残酷に縛って死に追い込んではいけない」など怒りをあらわにしている。

一方、韓国の動物保護法によると動物を虐待すると最大3年以下の懲役または3000万ウォン以下の罰金に処される。去る5日に改正された動物保護法によると、虐待行為は「動物を酷暑・酷寒などの環境に放置して苦痛を与えたり傷害を与える行為」と「渇きや飢餓の解消または病気の予防や治療など目的とせずに動物に食べ物や水を強制的に与えて苦痛を与えたり、傷害を与える行為」などだ。
  • リュ・ヨンサン 毎経ドットコム記者
  • 入力 2022-04-14 15:06:01