トップ > コリアナウ > スポーツ > ソン・フンミン、得点王に向かって疾走中

ソン・フンミン、得点王に向かって疾走中


  • ソン・フンミン、得点王に向かって疾走中
  • MKスポーツ

ソン・フンミン(トッテナム・ホットスパーFC)が激しい守備を突破し、イングランド・プレミアリーグ(EPL)21号ゴールの高みにのぼった。トッテナムは13日(韓国時間)、英国ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたホーム試合で北ロンドンのライバル、アーセナルを3対0で下し4位争いを続けることになった。

この日、ソン・フンミンは自分のゴールはもちろん同僚のハリー・ケインが入れた2ゴールにも全て関与し、まさにエースらしい姿を見せた。特にアーセナルはDF陣が勢いに乗ったソン・フンミンを激しくタックルして阻止しようと試みたが失敗した。ソン・フンミンを専担マークするため、すでに警告を一度受けたアーセナルの中央守備手ロブ・ホールディングは前半33分、進入してくるソン・フンミンを肘打ちして退場処分になった。

前半22分にPKを得てハリー・ケインの初ゴールを決めさせたソン・フンミンは、数的優位を得た後、さらに活躍した。前半37分には正確なコーナーキックでハリー・ケインの追加ゴールの起点を作り、後半が始まると混戦の中で軽くダメ押しゴールを決めアーセナルの追撃の勢いを止めた。

これで3試合連続ゴールを記録したソン・フンミンは現在得点1位のモハメド・サラー(リヴァプールFC、22ゴール)との格差をわずか1ゴールに縮めた。UEFAヨーロッパカンファレンスリーグで入れた1ゴールを合わせれば、昨シーズンに立てた自分の1シーズン公式戦最多ゴール(22ゴール)とタイ記録で、イラン出身のアリレザ・ジャハンバクシュ(フェイエノールト)が2017~18シーズンオランダリーグで記録したアジア選手の欧州1部リーグの1シーズン最多ゴールとも同率だ。1ゴールを追加するだけで全てのアジア記録を塗り替えて得点王を狙うことができ逆転の可能性も十分ある。

普段、得点王になるより所属チームがUEFAチャンピオンズリーグに進出できる4位に入ることが優先だと強調してきたソン・フンミンの言葉通り、トッテナムにも意味深い勝利だった。この勝利でトッテナムは20勝5分け11敗(勝ち点65点)を記録し2試合を残して4位のアーセナル(21勝3分け12敗・勝ち点66点)を勝ち点1点差で追いかけることができるようになった。

後半21分、体力配分のため交代で出場したソン・フンミンは「もっとプレーしたかったが、監督の決定を受け入れなければならない」と落ち着いた様子を見せた。トッテナムのアントニオ・コンテ監督は「選手たちが多くのエネルギーを使ったため若干の休息を与えようとした」とし「ソン・フンミンは15日のバーンリー戦でゴールを入れると約束した」と話した。
  • 毎日経済 | イ・ヨンイク記者
  • 入力 2022-05-13 19:09:54