トップ > コリアナウ > スポーツ > ソン・フンミン、英プレミアリーグ得点王に アジア人初の快挙

ソン・フンミン、英プレミアリーグ得点王に アジア人初の快挙


  • ソン・フンミン、英プレミアリーグ得点王に アジア人初の快挙
  • ソン・フンミンSNS



ソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)が23日、アジア選手としては初めて欧州5大リーグ(英国のイングランド・プレミアリーグ、スペインのプリメーラリーガ、ドイツのブンデスリーガ、イタリアのセリエA、フランスのリーグアン)の1つである英国イングランド・プレミアリーグ(EPL)で得点王に輝いた。彼の父親であるソン・ウンジョン氏は過去に息子について「絶対にワールドクラスではない」と首を横に振ったことがあるが、言葉を変える時が来た。

◆ソン・フンミン「童話の中で生きているようだ」

EPLの最終戦の38ラウンド10試合は23日0時(韓国時間)、同時に行われた。この日の試合前までモハメド・サラー(リバプール、22ゴール)を1ゴール差で追い上げて得点王争いを繰り広げていたソン・フンミンにとっても、欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグの進出が可能な4位の座を狙っていたトッテナムにとっても、英国のキャロウ・ロードで行われたノリッジ・シティとの最終戦は重要な試合だった。すでにチャンピオンシップ(2部)降格が確定した最下位チームのノリッジ・シティを相手に、デヤン・クルゼフスキとハリー・ケインがゴールを決めてリードしたトッテナムは後半、クルゼフスキのマルチゴールを加え3対0で差を広げた。

ただ、ソン・フンミンは焦燥感に駆られていた。ノリッジ・シティのGKであるティム・クルルが特にソン・フンミンのシュートだけをよく阻止する印象を与えるほどだった。しかし結局、ソン・フンミンは後半25分、ルーカス・モウラの助けを受けてゴールポストの角に押し込むゴロシュートでこの日の初ゴールを記録し、その後幻想的な右足中距離シュートでマルチゴールまで決めリーグ23ゴールの大台に乗った。

これでトッテナムは4位を守り昨シーズンのケインに続き2シーズン連続で得点王を輩出し韓国もEPLが正式にスタートした1992~1993シーズン以後、英国、トリニダード・トバゴ、オランダ、フランス、コートジボワール、ポルトガル、アルゼンチン、ブルガリア、ウルグアイ、エジプト、ガボン、セネガルに続き13番目にEPLの得点王を誕生させた国になった。ソン・フンミン自身も1シーズンの最高得点記録を昨シーズン22ゴールから今季24ゴールに伸ばした。

得点王を確定した後、ソン・フンミンは「童話の中で生きているようだ。幼い頃から、この瞬間を夢見てきたが、現実になって依然として信じられない」と感激を隠さなかった。トッテナム球団が公開したロッカールームの映像でもソン・フンミンは中心に立って「信じられない一年を過ごすことになり本当に感謝する。来季のチャンピオンズリーグも一緒に進んでほしい」と話し同僚たちは歓呼の声を上げた。

◆純度100%得点王

股間の負傷で出場が不透明だったサラーがウルバーハンプトンとの試合に交代出場して1ゴールを追加し両選手は並んで23ゴールで得点王になった。しかし、サラーがペナルティーキックで5ゴールを決めたという事実を考慮すればフィールドゴールだけで得点したソン・フンミンの価値はさらに高い。歴代EPL得点王の中でPK得点が1つもない選手はソン・フンミンからディミタール・ベルバトフ(2010-2011シーズン、20ゴール)、ルイス・スアレス(2013-2014、31ゴール)、サディオ・マネ(2018-2019、22ゴール)の4人だけだ。

しかも、ソン・フンミンはサラーが139本のシュートを放ち60本をゴールポストに向かわせた間、たった80本のシュートで有効シュート49回を記録し、はるかに効率的なサッカーを繰り広げた。得点転換率で26.7%とサラー(16.5%)を大きくリードしたのだ。2015~2016シーズンEPLの舞台に足を踏み入れた後、もみ合いや位置選定などを弱点として指摘され、初シーズンリーグ4ゴールにとどまったアジアのFWが毎シーズン進化を繰り返し誰よりも効率的にゴールを入れる「得点機械」に変貌したわけだ。全世界のサッカー市場の価値を測定するトランスファーマルクト基準のソン・フンミンの年俸は現在1000億ウォンを超えている。

◆大統領も「おめでとう、SON」

韓国基準で日曜日から月曜日に移る夜明けだったが、ソン・フンミンを祝う声も高かった。10日に就任した尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領は「得点王はソン・フンミン選手個人の栄誉であるだけでなくアジアサッカー界の皆が祝う慶事」として「特に新型コロナウイルス感染症で厳しい時期を経験した韓国国民にソン・フンミン選手の得点王受賞は申し分ない希望のメッセージ」という内容のメッセージを伝えた。
  • 毎日経済 | イ・ヨンイク記者
  • 入力 2022-05-23 17:49:04