トップ > コリアナウ > スポーツ > オム・ウォンサンにチョン・ウヨン 韓国代表チームの新しい武器に注目

オム・ウォンサンにチョン・ウヨン 韓国代表チームの新しい武器に注目


サッカーは11人だけでするゲームではない。国際サッカー連盟(FIFA)のワールドカップのように大きな大会では状況に応じて様々なタイプの選手を活用するために23人のスカッドを適切に構成しなければならない。2022カタールW杯を5カ月後に控えたベント監督率いる韓国代表チームでは、1999年生まれの同い年オム・ウォンサン(蔚山現代)とチョン・ウヨン(SCフライブルク)が新しい攻撃オプションとして注目され、兄たちの座を脅かしている。

去る6日、大田ワールドカップ競技場でチリと行った親善試合の後半36分、観衆はオム・ウォンサンの活躍に嘆声をもらした。5分前に交代で投入された彼は爆発的なスピードを見せながらチリの守備陣を蹂躙した。100メートルを11秒で走破する速い足の持ち主であるオム・ウォンサンは、ソン・フンミンとイングランドプレミアリーグ(EPL)得点王の競争相手だったモハメド・サラー(リバプール)になぞらえて「オム・サラー」というニックネームで呼ばれるほどに敏捷だ。相手も疲れている後半にジョーカーとして投入されるのにもってこいの選手だと評価される。当初、ファン・ヒチャン(ウルヴァーハンプトン)が訓練所に入所したことによりU-23代表チームからA代表チームに急いで移ってきたものだったが、チリ戦で活躍したことからパラグアイ戦出場の可能性も高まった。

特にオム・ウォンサンは光州FCから蔚山現代に移籍した今シーズンからは速い足に比べて仕上げが惜しいという過去の評価を覆してゴール決定力向上を確実に見せている。今シーズン、プロサッカーKリーグで15試合に出場し、シュート数23本を記録し、そのうち15本を有効シュートにするほど精度が高まった。すでに6ゴール4アシストで攻撃ポイント10の高みに到達した。

KBSのハン・ジュンヒ解説委員は「ブラジルのビニシウス(レアル・マドリード)のように速い足で名前を知らせ、今シーズン最後の瞬間の判断力が良くなったことまで似ている」とし「後半戦の交代資源として早い足を持つ選手は当然魅力的だ」と語った。

チリ戦でファン・ヒチャンの最初のゴールをアシストしたチョン・ウヨンもワールドカップ出場の可能性を高めている。仁川ユナイテッドのユースチームであるテゴン高でプレーし、2017年にドイツの巨艦バイエルン・ミュンヘンの選択を受けて名前を知らせたチョン・ウヨンはフライブルクに移った後、着実に出場し、ドイツのブンデスリーガに定着した。代表チームでは1989年生まれの守備型ミッドフィルダーのチョン・ウヨン(アル・サッド)と同名異人であり身長が低くて年齢も幼いことから「チャク・ウヨン(小さなチョン・ウヨン)」と呼ばれているが、最近見せる存在感だけは決して小さくない。

チョン・ウヨンの魅力は誠実な活動量をもとにしたマルチポジション能力にある。フライブルクで2年連続体力テスト1位を記録するほど簡単に疲れないチョン・ウヨンはウィンガーが基本ポジションだが、状況に応じてミッドフィルダー、攻撃手としても走ることができる。

チリ戦でもソン・フンミンと一緒に前方に出て約70分間活躍し、アシストまで記録しながら確実に印象を残した。パウロ・ベント監督も「チョン・ウヨンは技術が良く、試合に対する理解度も高い」と肯定的な評価を下した。

現在の代表チームの主軸が92ライン(ソン・フンミン、キム・ジンス、ファン・ウィジョ)と96ライン(キム・ミンジェ、ファン・インボム、ファン・ヒチャン、ナ・サンホ)なら、99ラインも注目される準備をしている。このように若い選手たちが活躍を繰り広げながらFIFAランキング50位のパラグアイとの競技ではサブメンバー間の競争に火がつく見通しだ。チリ戦で「不動のワントップ」ファン・ウィジョ(ジロンダン・ド・ボルドー)に休憩を与え、サブメンバーが作る「ゼロトップ」スタイルも効果があることが証明された。ナ・サンホ(FCソウル)とクォン・チャンフン(キム・チョンサンム)などが出場の機会を狙っており、今回の招集でまだ機会を得ていない別の1999年生まれのソン・ミンギュ(全北現代モーターズ)まで出るならベント監督とっても幸せな悩みとなるだろう。
  • 毎日経済 イ・ヨンイク記者
  • 入力 2022-06-09 17:19:06