トップ > コリアナウ > 政治 > 韓国、相続・贈与税収比重がOECD加盟国平均の2.5倍

韓国、相続・贈与税収比重がOECD加盟国平均の2.5倍


韓国の相続・贈与税の負担が経済協力開発機構(OECD)3位で過度だという指摘が出た。17日、韓国経済研究院が発表した「相続税課税方式と税率の合理的改編方案検討」報告書によると、韓国の国内総生産(GDP)対比相続・贈与税収比重は2020年基準で0.5%を占めた。これはOECD加盟国のうち3位でありOECD平均の0.2%の2.5倍に当たる水準だ。

直系卑属に対する相続税の最高税率も50%でOECD平均の25%の2倍に達する。少数の国民に該当するが、筆頭株主などから株式を相続する場合、20%の割り増し評価が行われるため事実上最高税率は60%でOECD加盟国の中で最も高い。韓国の所得税の最高税率も45%でOECD加盟国対比低い水準ではない。適用事例は制限的だが、筆頭株主の割増まで適用される場合、負担税率(相続税率、保有税率、筆頭株主の割増)はOECDで最も高くなる。

これに対して韓国経済研究院のイム・ドンウォン研究委員は「すでに一度、所得税の課税対象だった所得が累積し相続税の課税対象になるため、二重課税の性格を持つ」として「相続税が高ければ所得税が低かったり、その反対でなければならないが韓国は相続税2位、所得税7位で全て高い状況」と説明した。

相続税は二重課税の性格があり、所得税率より高い税率を適用するのは不合理だという指摘だ。OECD諸国の大半が直系卑属に相続する際は相続税を課さなかったり(19か国)、税率を引き下げる(10か国)など相続税緩和は国際的な傾向だと韓国経済研究院は主張した。韓国経済研究院は相続税を課税しても所得税の最高税率より低い税率を適用しなければならないとし、適正な最高税率の水準を30%と見た。現行10~50%の5段階超過累進税率構造を10~30%の3段階超過累進税率構造に変更し緩和することが合理的だということだ。現在、OECD加盟国のうち相続税が存在する23か国のうち15か国は、死亡者(被相続人)の相続財産は、すでに所得税などが課税された財産だという前提で相続税率を所得税率より低く維持している。

韓国経済研究院は相続税課税方式である遺産税方式が納税者の負担能力に応じて租税を賦課しなければならないという「応用負担原則」に反するため、これを遺産取得税方式に転換しなければならないと主張した。遺産税方式は死亡者の遺産全体に累進税率を適用し、それぞれ相続分に配分された税額を納付する方式である反面、遺産取得税方式は遺産を先に各自の相続分によって分割し、各自の相続分に累進税率を適用する。
  • 毎日経済 | パク・ドンファン記者
  • 入力 2022-06-17 17:53:11